4年近くの月日を経て、KDJ-ONEがやっと陽の目を見ることになったようです。

cyberstep-kdj-one

ICON » ゲーム機型のモバイルDAW、「KDJ-ONE」が遂に復活! 開発者に訊く、新生「KDJ-ONE」の詳細と、間もなく始まるKickstarterプロジェクト

2011年1月のNAMM Showで、センセーショナルなデビューをはたした「KDJ-ONE」。日本のサイバーステップという会社が開発した、ゲーム機型のモバイルDAWです。 シンセサイザー、サンプラー、シーケンサー、ミキサー、エフェクターといった音楽制作に必要な機能をひととおり備え、タッチ・スクリーンや十字キーを使っ てゲームをプレイするように曲づくりが可能。まさに“モバイル・オーディオ・ワークステーション”と呼ぶに相応しい、新感覚のガジェットです。
かなりの注目を集めた「KDJ-ONE」ですが、2012年春にオーダー受付を開始したものの、諸事情により販売 はキャンセルに。その後、Webサイトは更新されず、頓挫してしまったのかと思われた「KDJ-ONE」プロジェクトですが、なんと来月、 Kickstarterでファンディングが行われることが決定。デビューから約4年の年月を経て、みんなが待ち望んだ「KDJ-ONE」が遂に販売されま す!
そこでICONでは、「KDJ-ONE」プロジェクトを牽引するサイバーステップの代表取締役社長の佐藤類氏にイ ンタビュー。「KDJ-ONE」プロジェクトが長らく沈黙していた理由や、筐体デザインが変わった新生「KDJ-ONE」について、さらには間もなく開始 されるKickstarterでのファンディングについて話をうかがってみました。

2011年のNAMM Showにて初めて登場した日本のゲーム機型モバイルDAW「KDJ-ONE」。

大まかな流れについては、上の引用部を読んでいただくとして、一時期全く音沙汰がなかったと思ったら、先日氏家克典氏が手にしている画像がアップされているのをたまたま見かけ、慌ててサイトを覗いたら11月から「キックスタータープロジェクト開始」とかなり具体的な所まで進んでいてかなりびっくりしたわけですが、そこでひとつ気になるのが「何故一旦プロジェクトがペンディングしてしまったのか?」という点でして、それについて、サイバーステップの佐藤社長は

佐藤 「KDJ-ONE」を最初にお披露目したのは2011年1月のNAMM Showのことで、翌2012年1月のNAMM Showにも出展し、その直後にオンラインでのオーダー受付を開始しました。 嬉しいことに、こちらの予想を上回るオーダーをいただいたんですが、最終チェックをする中でハードウェアの完成度に不満が出てきたんですよね……。サウン ドや機能面など、ソフトウェア的にはほぼ我々が考えていたものに仕上がっていたんですが、ハードウェアの完成度が低かった。具体的には発熱が凄くて、1時 間くらいしかバッテリーが保たなかったんです。“モバイル・オーディオ・ワークステーション”と謳っているのに、たった1時間しかバッテリーが保たない製 品を世に出してしまっていいものかと思い、注文していただいた方には申し訳なかったんですが、一度キャンセルさせていただいてハードウェアの設計をやり直 すことにしたんです。本当に苦渋の決断でした。

具体的な話をすると、最初はハードウェアの設計を外部の会社に委託していたんですね。こういうものを開発するのは 初めてだから、実績のある会社にお願いした方がいいだろうということで。しかしながら出来上がってきたものは、発熱が凄くてバッテリーの保ちが悪く……。 CPUにIntel ATOMを採用したのが良くなかったのかもしれませんが、テストを繰り返すうちにどうしても納得がいかなくなってしまったんです。
それでいろいろと検討した結果、ハードウェアの設計も社内で行おうということになりました。我々は基本的にはソフ トウェアの開発会社ですが、実はハードウェアの開発チームも社内に持っているんです。ただ、そこでは世にでるものを開発しているわけではなく、社内で使う ための特別なハードウェアやR&D用のロボットを製作したりしているチームで。しかし外部の実績のある会社に頼んで満足のいくものが出来なかった 以上、もう自分たちの手でやるしかないだろうと。ほとんどゼロからのスタートだったので、少し時間がかかるなとは思っていたんですが、思っていたよりもか かってしまいましたね(笑)。

と語っており、ある意味「妥協を許さないが故の決断だったんだなぁ」と感じたわけでして。それだったら納得するしかないです。

ただ、こういったハードウェアな面だけでなく内蔵シンセ音源にもかなりのこだわりを見せているようで、モバイルDAWとしてでなく、シンセ音源としてもかなりのものと言う印象を感じます。

実際、SlipknotのSid Wilsonや国内では先の氏家氏の他にも浅倉大介氏等もモニター使用しており、かなりの好印象を頂いているとか。

そういった意味でも改めて非常に興味が湧いてきますし、また、価格は未定ながらもできるだけ安く提供するとのことなので、今からとても楽しみです。

 

という訳で、来月はルカV3と、夏語遙と、このKDJ-ONEと、イベントがいっぱいありすぎて今からすごく楽しみです。

 

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)