ボカロ?CeVIO?それとも第三の技術…?近日中にVOICEMITHから台湾語+日本語のボイスライブラリが発表?

voicemith

Coming soon

何か気になりますねぇ…。

hideのVOCALOID化の話題やM3の準備でここ最近おろそかにしてしまった感があったのでTwitterで情報を探したところ、「VOICEMITHと言う所が台湾語と日本語のボイスライブラリを近日発表される」と言う旨の情報が。

ツイートの添付リンクにはbaker氏の代表作「Celluloid」の中国語+日本語カバーがアップされていたのですが、かなりこれが自然な感じで歌われており、「これ本当に音声合成の声?俺釣られてない?」と思ったくらい(特に中国語は自然かなぁ、と)。

僕自身はあまり中国語や台湾語には明るくはないので、詳しい人が聴けばどう思うのかが判りませんが、何か凄いと感じた訳でして。

ただ、ひとつ気になるのは肝心の音声合成技術については何一つ語られていないと言うこと。現時点ではVOCALOIDかCeVIOか、果たして新しい技術なのかが判ってないと言うことなんですよね。

詳細は「最近発表(原文ママ…近日発表と言うこと?)」されることを考えると、その時にどんな技術が使われているのかが判るかも知れませんが、かなり気になりますね。とりあえずは続報待ち、と言ったところでしょうか。

 

 

と言うか、本当に詳細が発表されるのでしょうか?

※まだ疑っているらしい(ぉぃ)

 

 

(追記)

何かヴィジュアルと名前も出ているようです。名前は夏語遙(XIA YU YAO)と言うそうで。

一応11月に詳細が発表されるそうなので、それまで待つ感じでしょうか。

エンジンはUTAUと言う噂もありますが、実際はどうなのでしょうね…?(まだ疑ってるw)

voicemith1 voicemith2

Share Button
One Comment

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)