Waves AudioのDAW進出への布石!?マルチトラック・レコーディング・ソフトウェア「Tracks」

wavestracks

ICON » AES 2014: Wavesが遂にオリジナルDAWの開発に着手!? オリジナルのレコーディング・ソフトウェア「Tracks」を発表!

 Wavesが、遂にオリジナルDAWの開発に着手!? 今回のAES Conventionでは、「Tracks」と名づけられた同社初のマルチトラック・レコーディング・ソフトウェアが参考出品されていました。

「Tracks」は、シンプルなマルチトラック・レコーディング/プレイバック・ソフトウェア。DAWのような高 度な編集機能は備わっていませんが(簡単な切り貼り機能は備わっています)、シングル・ウィンドウのわかりやすいユーザー・インターフェースで、素早く、 確実にマルチトラックの音声を収録することができます。そのターゲットはライブ収録、サウンド・チェック用途で、Steinberg Nuendo Live、PreSonus Captureと同じコンセプトのソフトウェアと言えるでしょう。

最高192kHzのハイ・サンプル・レート収録にも対応し、トラック数の制限も無し(CPUパワーに依存)。オー ディオ・ドライバの入出力とトラックのルーティングは自由に設定でき、シンプルなミキサー画面も備わっています。Wavesのスタッフによれば、 「Tracks」の最大の特徴は、軽快な動作と高い堅牢性にあるとのことで、現在さらなる安定動作を求めて鋭意開発中とのことでした。

先日、「Element」に続くプラグインシンセ「CODEX」を出したばかりのWaves AudioがDAWに参入か!?というのかと思ったら、マルチトラック・レコーディング/プレイバック・ソフトということで、いわゆるライブレコーディング等の用途のソフトウェアの様ですね。

とは言え、プラグインメーカーとしては頂点に立っていると言っても過言ではないWaves Audioのことですから、これを元手にProToolsに匹敵するようなDAWシステムをおいおい作っていくんでしょうね。そして、こいつもMercuryに入って「Mercuryを買えばほとんど全ての物が手に入る」と言った状態になりそうな感じがしないでもありません。勿論妄想ですが(笑)。

因みにお値段は$400前後とのことで、来年初頭にはリリースされるとのこと。

まぁ、正直現時点ではDAWとは程遠い位置のソフトとなりますが、まぁ、多分おいおいProToolsの対抗馬になりそうな気がしないでもありません。実際にDiGiGridブランドとしてハードウェアの方でも展開を始めたことですし(まぁ、今回の「Tracks」はDiGiGridにはこだわらない感じにはなっている様ですが)。

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)