2mixからボーカルとオケを分離させるMac用ソフト、「ADX Trax」

adxtrax

ICON » AES 2014: 2ミックスの楽曲をボーカルとオケに分離する革新的なソフトウェア、Audionamix「ADX Trax」

昨年のAES Conventionで初披露されていた「ADX Trax」が、より洗練されたユーザー・インターフェースとなって展示されていました。フランスのAudionamix社が開発した「ADX Trax」は、2ミックスの楽曲データを解析して、ボーカルとオケに分離する魔法のようなソフトウェア。これを使用すれば、リミックス用に楽曲の中から ボーカルだけを抜き出したり、逆にボーカルだけを除去してカラオケを作ったりすることが可能になります。Audionamix社によれば、非破壊かつ自動 でボーカルとオケに分離するソフトウェアとしては、世界初の製品ということです。

この手のソフトというのは昔から似たようなものがありましたが、大抵は100%分離可能なものではなく、分離ができるものもあればそうでないものもあったりして、そういった意味では「完璧なものではなかった」と言えるかもしれません。

しかし、この「ADX Trax」に関しては「非破壊かつ自動 でボーカルとオケに分離するソフトウェアとしては、世界初の製品」と謳っており、大抵の2mixトラックがオケとボーカルに分離され、また、ボーカルがリバーブに埋もれている曲など、処理が難しい楽曲についても解析結果をマニュアルで補正するための各種ツールも搭載されており、Audionamix社のスタッフによれば、普通のロック/ポップスの楽曲であれば、大抵は上手く分離されるとのこと。

もし、これでほぼ綺麗に分離できるようであれば、例えば「別のオケを作って、その上にボーカルトラックを載せてリアレンジ・リミックスする」とか、「カラオケトラックのない楽曲からオケトラックのみを取り出し、アレンジメントの研究に使ったり、別のボーカル(VOCALOIDや歌ってみた)に差し替えたり」とかそういった事がかなり楽になるのではないかな、と思います。

「ADX Trax」のアルゴリズムは元々、カラオケ制作のためのB to Bサービスで使われていたものとのこと。従って「ADX Trax」は新しいソフトウェアですが、そのアルゴリスムには既にかなりの実績があるということを強調していました(ブースでは多くの使用実績が紹介され ており、カタログなどではUniversal Musicの上級副社長が賛辞のコメントを寄せていたりします)。そのアルゴリズムについては企業秘密とのことですが、複数のアルゴリズムを組み合わせた ハイブリッド処理になっているのが肝ということ。そのアルゴリズムはかなりの演算能力を必要とするため、「ADX Trax」の処理はすべてクラウド・サーバーで実行されるとのことです(従って「ADX Trax」を使用するには、インターネット接続が必須となります)。

アルゴリズム自体は元々カラオケ制作のためのものということで、そういった意味ではかなり期待の持てるものとなりそうですね。ただ、クラウドサーバでの実行となるので、インターネット接続が必須となり、スタンドアロンでは出来ないというのがちょっと残念なところですね。まぁ、仕方のないことではありますが。

現時点ではMacのみの対応で(Windowsは近い将来の対応予定だそう…と言うかクラウドで実行しているのだからWindowsも対応してくれたっていいのにw)、価格も$299.99若しくは$19.99/月のサブス クライブ・プランも用意されており、今後はより機能が強化されたProバージョンとDAW用のプラグイン・バージョン、そして分離したボーカルの音量を リアルタイムに可変するためのDAW用プラグインなどを発売していく予定ともあるので、将来的には非常に楽しみなソフトウェアと言った所でしょうか。

とりあえず、Macを導入することがあればこれの導入も考慮したいなぁ、と思ったり。

 

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)