GIGAZINEさんがMIKU STOMPのレビューを公開しています。

mikustomp

ギターを弾くと初音ミクが歌うエフェクター「MIKU STOMP」で「千本桜」などの曲を演奏してみました – GIGAZINE

 シンセサイザーなどの電子楽器やDJ/VJ用機材などのメーカーであるKORG(コルグ)は、ギターを演奏して初音ミクを歌わせることができるコンパクトエフェクター「MIKU STOMP」を10月下旬に発売します。今回はそんなMIKU STOMPを一足先に借りることができたので、いったいどのような演奏が可能になっているのか確かめてみました。

MIKU STOMP STOMP EFFECT | Effects | KORG
http://www.korg.com/jp/products/effects/mikustomp/

と言う訳で、GIGAZINEさんがKORG MIKU STOMPのレビュー記事を掲載しております。

多分MIKU STOMPの実機を使ったレビュー記事って今回のGIGAZINEさんが初めてではないでしょうか?

試奏の際にはストラトキャスタータイプとハムバッカータイプで行ったとのことですが、実際にはその違いとかを説明していないのが残念ですが、説明がないと言うことはギターのタイプは関係ないと言うことでしょうか。

なお、接続の際にはギターとエフェクターの間に何も入れず、できるだけ直接つなぐことがポイント。MIKU STOMPは入力されたギターの信号をプロセッサで処理し、検知した音程をもとにミクの声を再生するという仕組みになっているので、入力はなるべくナチュ ラルな加工されていない状態のものがマッチするようです。今回は、「ギター」→「MIKU STOMP」→「サウンドインターフェース」→「モニタースピーカー」の順で接続して素の音を聴いてみました。

今回は素の音で試奏しているようですが、MIKU STOMPの先に色々とエフェクターを入れると面白いかも知れません。

こちらは所謂特定音のデモとなりますが、最後の方にはボカロがヤマハの技術と言うことで、ある曲をミクに歌わせております(笑)。

で、実際の演奏のコツについてですが、

演奏の際に気をつける必要があるのは、弾いていない弦はしっかりミュートして余計な音を出さないことと、ピッキングをしっかりすること、そしてギターのボ リュームなどを調節して、本体の黄色いLEDが点灯する直前の状態で演奏することの3点です。なお、ギターシンセとは違って和音の演奏には対応していない とのことです。なお、ギターの種類の違いによる変化はあまり感じられませんでしたが、傾向としてはフロントピックアップを使い、トーンを少し絞って音を丸 めにした方がトラッキング精度が上がるような気がしました。

と言うことで、やっぱり単音のみの対応と言うこともあり、ちょっとしたコツが必要となるようです。

また、工場出荷状態では「さくらさくら」や「千本桜」が入っていることもあり、これのデモ演奏も行っております。

歌詞を歌わせる場合は、ピッキングのたびに保存された文字が一音ずつ順番に発声されるので、余計な音を出さないことが大切になってきます。気を抜いて余計 な音を出してしまうとMIKU STOMPは忠実に1音ずれたままでメロディーを歌ってくれるのですが、意外なほど意味不明な歌になってしまいそれはそれで少し面白いかも。

と言うことで、こちらはこちらで更に慎重に演奏を心がけることが必須となるようです。

でも、全く違う旋律で歌わせる、と言うのも面白いかも知れませんね。

残念ながら今回は間に合わなかったものの、製品版の発売時にはオリジナルの歌詞をMIKU STOMPに流し込む専用のiPhone用アプリがリリースされることになっています。設定方法は入力したテキストデータをギターのピックアップから流し 込むという仕組みになっているようで、なかなか興味深いアプリ。ユーザー・エリアは最大約6000文字のひらがな、カタカナに対応しているので、1曲分の 歌詞を丸ごと入力することも可能になりそうです。

これのデモが出来なかったというのが非常に残念ではありますが、これについては実際に発売された時のお楽しみ、と言ったところでしょうか。

と言う訳で非常に楽しみなエフェクターですね。

 

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)