レトロ調のビンテージサウンドの雰囲気を出すプラグイン、VintagerToy

image_2_14488257

アルゼンチンのフリーソフトで作るビンテージサウンド : 藤本健の“DTMステーション”

「ちょっと80年代風なサウンドにしたいんだよね」、「もっと昔の録音っていう感じに仕立てたい」……なんていうときに便利なフリーのプラグインソフトが あります。アルゼンチンのSolcito Musicaという会社が開発し、フリーウェアとしてリリースしているVingager ToyというVSTプラグインがそれです。

これは1990年とか、1965年のように年をパラメータで設定すると、そのころっぽい音に仕 上げてくれるというユニークなプラグインです。まあ、フリーウェアですし、半分ジョークっぽいところもありそうで、どこまで本当に各年代の音を再現してい るのかは分かりませんが、とりあえず、それっぽい音になることは確かなのです。

こういうレトロなサウンドを出すようなエフェクターって好きなんですよね。面白そうだし無料なので試しに使ってみようかな?

 

実際に聞いてみると、確かに音の精度が低くなっているような感じがして面白いですね。Windows専用と言うのがちょっと残念ではありますが。

でもこれだけだとまだ音が綺麗すぎる感じがするので、更にレコードノイズとかを加えてみるとさらにレトロ感が増すのかな、と思ったりします。

機会があれば、これを使ってレトロ感の技術的検証とかしてみたいですね。

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)