「そこにミクは確かに存在した」とは言うけれど…。

20140919-itoh5

初音ミクは確かにそこに実在した 大観衆を魅了した『マジカルミライ 2014』レポ – Real Sound|リアルサウンド

 「初音ミク」を取り巻く創作文化の“今”を発信するイベント『初音ミク「マジカルミライ 2014」』が8月30日にインテックス大阪、9月20日に東京・東京体育館で行われた。

同イベントの特徴は、コンサートにとどまらず、展示エリアやグッズ販売も大きく展開されていること。メインとなる大阪会場では、来場者が自由にイ ラストやメッセージを描き込める『piaproの壁』の設置や、等身大の初音ミクフィギュアの展示、これまでに制作されたグッズの展示などが行われた。さ らに、コラボレーション企業のブースや、大人から子供まで楽しめるアトラクション、フードコートなども展開され、多くのファンを魅了していた。また、東京会場でもグッズ販売が行われ、一部の展示物が設置されていた。

コンサートは、昼と夜の2部構成で、3DCG技術を駆使した初音ミクのコンサートが行われた。

こう言うミクのコンサートって一度も観に行ったことないんですよね。面白そうだと思うんですけど、やはり競争率が高いというのもありますし、「ヴァーチャルの存在」に対して「実在の人間同様に」そこまで盛り上がることが出来るのか、と言う僕自身が持っている疑念があるんですね。(誤解のない様に補足して書きますとあくまでも「僕自身が盛り上がれるか」と言う問題であり、皆さんが盛り上がっていることについて否定しているつもりはありません)

ただ、大阪会場で開催されていたワークショップの類や、piaproの壁や様々な展示といったコンサート以外の催しだけでも結構楽しそうな感じがするので、そう言った複合的なイベントは今後も行って欲しいなぁ、と思っています。

あと、コンサートに関しても機会があれば観てみたいと思います。「観ず嫌い」(正確には嫌いではなくてどうなのかな?と言うレベルのものですが)のままもあまり良くないことですしね。

 

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)