初心者ボカロPにうってつけのオーディオI/F、Focusrite Scarlett Solo

Solo-3quart-white_1

Focusrite – Scarlett Solo –

 Scarlett Soloは、トップセールスを誇るUSBオーディオインターフェイス、Scarlettシリーズの小さくて新しい仲間です。その美しいコンパクトなアルミ ニウムのケースの内部には伝統のFocusriteマイクプリアンプを1基搭載し、高品質なレコーディングを行うことが出来ます。

軽量設計のタフなボディは、持ち運びも楽々。MacやPCがあれば、そこがポータブルレコーディングスタジオに早変わりします。インスピレーションが湧い たらマイクや楽器を接続しましょう。Focusriteクオリティのレコーディングがすぐに始められます。

という訳で、多分皆さん「隔週刊ボカロPになりたい!」や初音ミクにこだわってボカロPを始めた方々もそれなりにいらっしゃるかと思います。

しかし、DTMを始めるにあたって最低でもひとつ重要なアイテムに触れられていないことに気づいている方もいるかもしれません。

それは、「オーディオインターフェース」(以下、オーディオI/F)というものです。

これは何かというと、PCで音楽を制作するにあたって「レコーディング」というものが通常必要となるのですが、基本的にPCにはマイクやギター等の楽器を接続する事は出来ません。仮に無理やりやってもあまりいい音で録音することも出来ませんし、いい音で録音できていなければ再生することも出来ません。

そこで、「いい音で(マイクやギターなどの楽器の音を)録音する」「いい音で(スピーカーやヘッドホンで)再生する」ために必要な機器だと思っていただければいいかと思います。

そんなオーディオI/Fではありますが、値段的にピンからキリまでありまして、安いやつだと2,3千円位で買えるものもありますが、2,3千円クラスのものはあくまでもPCのオーディオ機能の延長にあるレベルのものと考えたほうが良く、必要最低限の音質を得るのであれば、大体1,2万円クラスのものを購入したほうが良いかと思います。

そこで、初心者ボカロPにうってつけのオーディオI/Fとして紹介したいのが、Focusriteと言うイギリスのメーカーの廉価版のオーディオI/F「Scarlett Solo」となる訳です。

Focusriteは主にオーディオI/Fやアウトボードを中心に作っているメーカーで、その中でScarlett Soloがその最廉価版ではありますが、実売価格10,800円前後で24bit/96kHzのサンプリング周波数が扱えますので、VOCALOIDを主体とした音楽制作環境向けにはちょうどいいかと思います。

また、ギターやベース、シンセ(但しモノラルですが)等の楽器や歌ってみたでボーカルの録音なども出来ますし、他にも付属ソフトとしてAbleton Live Lite, Scarlett plug-in suite(エフェクトプラグイン)、novation Bass Station(ベースシンセ)がついてきますので、初心者の方にとって今は不要でもこれらのソフトがあるのとないのとでは違ってきますので、それなりのお得感があるかと思います。

とまぁ、色々と書いてきましたが、Scarlett Soloにせよ、違うオーディオI/Fにせよ、オーディオI/Fは1台あったほうがいいと思いますので、購入を検討してみるのもいいかと思いますよ。(別に下のアフィリエイト経由でなくてもいいのでw)

 

あ、あと、前にも似たような事書いたかもですが、僕は別にハイ・レゾリューションの回し者ではないですよ(笑)。

 

(追記)

DTM系ライターの藤本健さんが自身のブログ「藤本健の“DTMステーション”」にて「1万円で買える高性能オーディオIF、Focusrite Scarlett Soloがいい!」という記事でFocusrite Scarlett Soloのレポート記事を記載されています。こちらは僕の場合と違って実際に操作を行った上でのレポートですので、購入を検討されている方はこちらの記事を是非ともチェックしてみてください。と言うか、藤本さんの記事を読んで僕も欲しくなってきました…(既にSteinberg UR28MRoland QUAD-CAPTUREを持っているというのに…)。

 

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)