VOCALOIDが与えてきた影響。

mainichi_miku

ボカロ:ネットからリアルへ 小林幸子さんも替え歌 – 毎日新聞

  「ボカロ」と呼ばれるコンピューターの歌声合成技術ソフトを使った楽曲が、若い世代を中心に人気を集めている。ネットの中で育った音楽は、いまや数万人を集めるイベントに成長、リアルな空間に広がりつつある。一体何が起きているのか。

この記事ではVOCALOIDをキーワードにボカロの解説から始まり、そこから広がるリアルへの影響について語られており、最後には「ボカロPになりたい!」に触れられて締めくくられているのだけれども、その最後の一節、

パソコン出身の国民的歌手が誕生する日も夢ではない。

とあるが、僕個人としては、そこは夢であって欲しいなぁ、と言うのが正直なところ。

なぜなら、現実になってしまったら、それはそれで今までの面白みが薄れるような気がするから。

 

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)