ボカロP、絵師、小説家を始めとしたネットクリエイターの支援をする新団体「JNCA」が活動開始

haru_miku

ボカロP、絵師、小説家――“ネットクリエイター”支援へ新団体「JNCA」 「ブームからカルチャーへ」 (1/3) – ITmedia ニュース

 2014年夏、初音ミク誕生から7年が経った。「ボカロP」「絵師」をはじめ、ネットで人気に火が付き、音楽や映像、出版などのメジャーシーンへ 活躍の場を広げるクリエイターはもはや珍しくない存在だ。DIY活動からスタートした彼ら“ネットクリエイター”が商業の場面でも安心して創作を続ける基 盤を整えるため、「日本ネットクリエイター協会」(JNCA)が本格的に活動を始める。

 JNCAは、音楽やイラスト、小説などネットを中心に創作活動を行う“ネットクリエイター”たちを支援するため、昨年12月にドワンゴの横澤大輔 執行役員CCOを代表理事として設立された。団体として発足する以前から、ボカロP向けに著作権や健康保険、確定申告などに関するセミナーを開いてきてい る。

さらに活動の幅を広げるため、7月にKADOKAWAの井上伸一郎専務、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長、アニメイトの國枝信 吾取締役、エクシングの高木司マーケティング統括部長の4人を新たに理事として選出。すでに音楽や出版、アニメなどの業界の一角を担う企業が参画すること で、より多様な支援につなげる狙いだ。

ネット上には様々なクリエイターが存在し、様々な活動をしているので、こういった動きが出てくることは大歓迎ですね。

しかも、クリプトンの伊藤社長を始め、ネット上のクリエイターの存在に理解を示している方々が理事として参画することも興味深いことです。

 

あと、伊藤社長の発言の中で興味深いところとして、以下の発言があります。

 クリプトンの伊藤社長は「初音ミク発売から7年経ち、もはやボーカロイドはブームではなくカルチャーの域に育っている。今後文化として定着し、さらに世 界に存在感を高めていくためには、このカルチャーに参加するクリエイターの立場を世の中に対してより明確にしていくことが必要」と、同協会に理事として参 加する意義を話す。

これを読んで、僕自身は(そして多くのボカロ好きの方々から見て)もうVOCALOIDは一過性の「ブーム」を通りすぎて、ひとつの確立した「カルチャー」としてのフェーズに入っている事を感じました。

正直、ネットサーフィンしていると、必ずどこかで「ボカロはオワコン」とオウムや九官鳥のように喚き散らしているのを見受けたりすることがあるのですが、7年過ぎてもとどまることを知らない勢い、そして、少年少女達がバンドや音楽をやるために楽器を手にするように、「曲を作るために」VOCALOIDを手にするようになってきていると思うんですよね。しかも、VOCALOIDを通じて絵を描いたり、歌詞を書いたり、歌を歌ったり、物語を作ったり…そういった感じで「音楽」にかぎらずいろんな所に影響を与えて、大きなカルチャーとして定着してきた感じがするんですよね。そこまで来てしまうと「オワコン」どころの騒ぎではなく、それこそヴァイオリンやピアノの如く、「当たり前のもの」としてVOCALOIDは存在しつつあるのかな、と個人的には思います。

 

皆さんはどう思いますか?

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)