’90年代レイヴ/ハードコア・テクノ系の音が詰まったプレイバック・サンプラーのWindows用VSTが無償配布開始だそうで。

blogosaur-rave-generator-vst

ICON » 90年代のレイヴ/ハードコア・テクノ系の音色のみ64種類集めたプレイバック・サンプラー、「Rave Generator VST」が無償配布開始

「Rave Generator VST」は、“DJ * CSI *”というDJが開発を手がけたプレイバック・サンプラーとのことで、T99、Altern 8、2 Unlimitedの楽曲を想起させる音色が計64種類収録されています(多くの音色が試聴できます)。Blogosaurによれば、カシオ CZシリーズのオルガンなど、さらなる音色の追加をDJ * CSI *に要望しているとのことで、Macへの対応を含め、今後の展開が楽しみなプレイバック・サンプラーです。

「Rave Generator VST」は、現時点ではWindows VSTのみの対応で(64bitもサポート)、BlogosaurのWebサイトから無償でダウンロードすることができます。

’90年代のレイヴやハードコア・テクノが好きな人や、そういったテクノ系のサウンドを作っているクリエイターにはうってつけのVST音源ですね。但し、Windowsのみの対応で現状Macでは使えない、と言うのが唯一残念な所ではありますが。

ただ、引用にもある通り、音色の追加要望が来ているとのことで、その流れでいずれはMacにも対応…と言うのもあるかもしれません。個人的にはこういった系統のサウンドって好きなので、是非とも定期的にバージョンアップして頂きたいものです。

 

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)