【殴り書きコラム】もうちょっと融通をきかせてよ、VOCALOID5!

 

 

現在、M3-2018秋に出す今まで作ったボカロ曲やそれ以外の曲をリメイクしたアーカイブミニアルバムを製作中で、それに伴いVOCALOID5を導入したんですよ。

で、僕の使っているMacBook Proはスペック的にはスペック的には2年前のCore i5でメモリは8GB、ストレージは512GBのモデルのものなのです。

一応DTM用途をメインとしているのですが、他にもジャケットの製作やら仕事のドキュメント作成などにも使っているので、音源系の大多数は外付けのHDDに格納しています。ボカロライブラリも御多分に洩れず外部HDD行きです。

で、VOCALOID5もいつも通りボイスバンクを外付けHDDに入れ、それで動かそうとしたまではよかったのですが…VSTで起動しようとすると

 

「Voiceが1つも入っていないので動作しません」

 

という内容のメッセージが出て即終了になるのです。しかも、VOCALOID4.5 Editor for CUBASEも同様です。

「もしかしてVSTのバグ!?」と思いスタンドアロン版を起動してみるとやはり「Voiceが1つも入っていません」の一点張り。強引に起動するもエディタのVOICEの選択肢には何も出てきません。

「とりあえず本体ストレージに入れるとどうなるか?」と思い、AmyをインストールしてVOCALOID5 Editor再起動するとエラーが出ない様になり、VOICEにもAmyだけ出てくる様になりました。が、外付けのVOICEは表示されません。

もしかして?と思い、外付けHDDのボイスバンクの入っているフォルダをエイリアスで作ってみるも、それでもVoiceは表示されない。

 

と言うことは…

VOCALOID5 Editorって本体ストレージにボイスバンクが入っていないと使えないってこと!?

全くもって使えねーな!おい!

 

しかもVOCALOID3/4のライブラリも本体ストレージに入っていないと使えない事もわかり、おかげさまでVOCALOID5ボイスバンクはもちろんのこと今まで外付けHDDに入っていたVOCALOID4ライブラリも本体に入れる羽目に…結果残り容量が30GBを前後すると言う事態になりました。

 

いや、ヤマハとしてはそうしたい気持ちもわからないでもないけど、ストレージを気にしながら使っているユーザーからしたらこれ動作が重いとかそれ以前の改悪以外の何物でもないよ。特に最近のMacは内部ストレージは購入時以外には増やせないのだから、こう言うところについては考えて欲しかったな、と。

 

とりあえず今回はこれでどうにかするしかないけれども、個人的にはあとICONICAの導入も検討しているので、色々とシェイプアップを考えないといけないなぁ…と思う次第です。

 

一番いいのは外付けストレージにボイスバンクが入れられる様になる事だけど…誰かいい方法を知ってたら教えてください。

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください