バンダイナムコスタジオがボカロに参入!VOCALOID4ライブラリ「ミライ小町」発売!

お久しぶりです。VOCALOID Link管理人の優海亭笙楽(a.k.a. showraku)でございます。

今年ももう半分近く経とうとしているのに、いろいろな事情がございまして開店休業状態でした「VOCALOID Link」ですが、いろいろと落ち着きつつありますので、ニュース的な側面もそうですが、「殴り書きコラム」を充実していく感じでこれから更新していこうと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

 

さて、今年は春に

とVOCALOID4ライブラリが立て続けにリリースされましたが、さらにヤマハから5/24に

 ミライ小町

がリリースされました。

ミライ小町は販売元こそはヤマハではありますが、ライブラリ製作は「アイドルマスター」シリーズなどでおなじみのバンダイナムコスタジオ(以下、BNS)のサウンドチームが手がけているということで、ゲームメーカーとしては「AZUKI」「MATCHA」をリリースしたセガに次いで2社目となります。

尤も「AZUKI」「MATCHA」は「歌詠み575」というボカロ技術を使ったゲームから派生したライブラリなのに対し、「ミライ小町」は

(株)バンダイナムコスタジオのゲーム開発技術や未来に向けた技術研究を紹介するために生まれたオリジナルキャラクター。技術と共に世界中の人たちを笑顔にしたいと願う未来型アイドルです。

これまで社内の技術発表や社外カンファレンスなどでのデモンストレーションで活躍していたミライ小町ですが、これからは皆さんの元でも頑張ります!

とのことで、いわゆるバンダイナムコスタジオのマスコットキャラと言った立場から、ボカロライブラリというユーザー向けのコンテンツとしてクリエイター達の手によって成長する「未来型アイドル」という形で活躍すると言った感じでしょうか。

ミライ小町のサンプルボイスは鏡音リンやCULに近いと言う意見が多く、特に鏡音リンはCVがBNSのコンテンツである「アイドルマスター」の双海亜美・真美役の下田麻美さんということを考えると、下田さんである可能性はないにせよ、おそらく現在のところ非公表であるCVは声優さんである可能性が高いと考えられます。

※個人的にはアイマスシリーズの声優だったら非常に嬉しいのですが。

 

それはさておき、発売日直後のBNS関係者のツイートの一部を見てみると、

…と言った具合に、昔からノリの良いBNSのサウンドチームの方々(佐宗さんは「元」がつきますが)の事ですから、きっとBNSサウンドチームによるオリジナルアルバムが作られたり、アイドルマスターのDLCで登場してきたりなど、おそらくは様々な形で「ミライ小町」がBNSのゲームに登場するかもしれません。

 

ちなみに「ミライ小町」はダウンロード販売のみで、お値段は8,640円となり、VOCALOID SHOPにて購入が可能です。

また、

と、ゲーム会社らしいおまけもついてくるようですので、ぜひとも手に入れたいものです。

 

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)