ヴァーチャルアーティストのプロデュース会社、AVA誕生!

株式会社アカツキ・ヴァーチャルアーティスツ(AVA)設立に関するお知らせ

株式会社アカツキ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:塩田元規、以下「アカツキ」)は、ヴァーチャルアーティストのプロデュースを行う子会社、株式会社アカツキ・ヴァーチャルアーティスツ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉澤馨、以下「AVA」)を設立したことをお知らせ致します。

 

◼新会社AVA設立の目的
アカツキは「感情を報酬に発展する社会」を実現するために、
モバイルゲーム事業、ライブエクスペリエンス事業を展開し、世の中の人々に感動や喜びといった感情体験を届けてまいりました。
今回はVR、ARなどの新技術とも高い親和性を持つ領域である、ヴァーチャルアーティストプロデュース事業を中心とした子会社を設立いたします。

本事業では、ゲーム事業で培ったデジタルコンテンツ制作やデジタルキャラクターのクリエイション・プロデュースのノウハウを活かしつつ、より一層のスピード感をもって事業推進するため、子会社という独立した形での事業立ち上げを行ってまいります。

なんか久しぶりにワクワクしてきましたね。

ここへきてVOCALOIDの新規参入メーカーがひとつ増えました。

そのメーカーはAVA…アカツキ・ヴァーチャル・アーティスツ

AVAは「八月のシンデレラナイン」「シンデレライレブン」をリリースしているソーシャルゲームメーカー、アカツキがヴァーチャルアーティストのプロデュース事業を行うための子会社ということで、コンセプト的にはIAやONEでおなじみの1st Placeに近いものがありますが、ソーシャルゲームで実績を積んでいるアカツキがどのような展開でヴァーチャルアーティストをプロモーションするのかが非常に興味深いところです。

で、その第一弾としてVOCALOID4ライブラリ、LUMiの無料体験版を6月3日に配布するということで、そこからYouTubeやニコニコ動画などにアップされたLUMi歌唱動画から才能あるボカロPをピックアップするなりするのでしょうか。だとしたらある意味絶好のチャンスかもしれません。

まぁ、それはともかく、LUMiのキャラクターデザインは深山フギン、CVは大原さやか(ARIAシリーズのアリシア・フローレンス役、Go!プリンセスプリキュアの天ノ川ステラ役、美少女戦士セーラームーンのセーラーネプチューン役など)がそれぞれ担当していますが、まだ発表されたばかりで肝心の歌声が公開されておらず、どんな声になるのかも楽しみです。

 

何はともあれ、ガイノイド(v flower/v4 flower)やウィーヴ(Rana/Rana V4)以来のボカロ国内参入メーカーの登場によってどのような影響が出るのか期待したいところです。

 

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)