音街ウナに第三のメンバー…だと!?

まずは、この動画をみてください。

 

一見、音街ウナのライブシーンでSpicyとSugarが紹介されているわけだけれども、最後にシルエットが表示され、「そして、最後はこの私、MC…」と言いかけたところで遮られ、そこには「近日続報予定」の文字が。

 

SpicyとSugarの声といい、動画で二人を紹介していた喋り声といい、どう考えても

音街ウナ、第三のキャラ

しかもトークライブラリ

という予想が容易に立てられるわけで。

 

仮に(というかほぼ確定と言っても過言ではないだろうけど)第三の音街ウナがトークライブラリとしたら、どういうエンジンを使っているのかが気になりますね。

今現在、主だったところでのトークエンジンといえば結月ゆかりや東北ずん子などでおなじみのVOICEROID+やさとうささらやONEでおなじみのCeVIOが二大勢力となっているわけですが、もしこれのどちらかか?ということになるとCeVIOではないかという声がちらほらと聞こえていますね。実際、CeVIOに関してはIAが歌声はVOCALOID、トークに関してはCeVIOとエンジンを横断している例もありますし、また、音街ウナの発売元であるインターネット社はFineSpeech Ver3を採用したMegpoid Talkを過去に出しているものの、VOICEROID+やCeVIOと比べたらあまりぱっとしなかったことから、CeVIOのトークライブラリなのかな?とも思うのですが、でもVOICEROID+もCeVIOもWindowsのみの対応。ここでWindows/Mac対応のトークエンジンで出たら面白いんじゃないか?って思ったりするんですよね。

もちろん、Windows/Mac対応云々は僕のいい加減な妄想なので(←ここ重要!)どうなるかはわかりませんが、今後はVOCALOIDも歌だけでなく別エンジンで喋りもできるライブラリというのが増えてくるかもしれませんね。もしくはVOCALOID5か6くらいではトークもできる機能が追加されるとか…とまぁ、妄想を膨らませたらきりがありませんが、ひとまずはこの第三の音街ウナがどんな姿で出てくるのかを楽しみにしたいと思います。

 

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)