初音ミクが結んだ絆!究極のボカ婚「ミク前式」に参加してきました。

 

ボーカロイド、とりわけ初音ミクが縁で結婚したという、いわゆる「ボカ婚」というのは今まで数多くあったかと思いますが、その中でも究極的な結婚パーティーが2017年1月29日に開催されました。

新郎の名は数々のボーカロイドのイベントプロデューサーを務めてきたyukkyさん。

新婦の名は「ボカロパン屋」としてボカロ好きやクリエイターの集うパン屋「熊野前パン工房KOTORI」の店長であることりさん。

その二人が初音ミクの前で永遠の愛を誓う人前式ならぬ「ミク前式」を行いました。

 

しかし、その前に立教学院諸聖徒礼拝堂にて普通の結婚式が厳かに行われたわけですが、新郎新婦の親族友人はもちろんのこと、二人にゆかりのあるボカロクラスタの人間も参列したこともあってか、ふたりの式の立会いを行った神父さんが「今までここで行われた式の中では一番参列者が多い」ようなことを言っていたのが印象的でした。確かに、普通の結婚式に「ボカロ関係者」が参列したらそのぶんだけ大規模になりますしね。

もちろん、この段階ではミクさんは出てきませんでしたが(笑)、こういうチャペルでの式は心が落ち着きますね。というか、僕自身高校時代は宗教曲ばかり歌っていたせいもあるのですが(本当)。

 

まぁ、それはいいとして、式が終わった後はフラワーシャワーで新郎新婦を祝福したり、大規模な記念写真&ビデオ撮影をしたりして、ひとまずは僕は会場を後にしました。

 

で。

ここからが本番の結婚披露パーティー、ということで、普通に結婚式の二次会的なものとか、ちょっと凝ったものだとDJとかが入ったりなんかしますが、ふたりの結婚披露パーティーは一味違いました。わかりやすく言えば「フェス」ですね。

えぇ、会場が大まかに3つのエリアに分かれて、透過スクリーンで逝きるカさんによるルカさんが踊っていたり、叶夢さんによるダンスパフォーマンスがオープニングアクトで始まったかと思ったら、センターステージではエハミックさんがパーティーメガネをつけミック・アンド・ミクでミクとデュエットしたり、いろいろな方が演奏を披露したり、新郎が学生時代のバンド仲間を従えて歌い始めたりと、ひっきりなしなイベントが繰り広げられておりました。

あ。もちろん、結婚披露パーティーの定番であるケーキ入刀やファーストバイトもありましたよ。ちなみにこんなケーキでしたが。

…細かいことは僕に聞かないでください(笑)。

 

また、会場内ではボカロパン屋の常連の方々(もちろん新郎も含まれますがw)による作品の紹介や物販コーナー、あと、ボカロ系イベントの定番である祭壇も展示され、ある意味結婚披露パーティーとボカロイベントがごっちゃになった感じでもありました。

 

そして、クライマックスであるミク前式においては透過スクリーンのミクさんの前で新郎新婦が愛を誓い合うという、正にミク好きにとってうらやましいと言える光景があったわけですが…これについては写真が撮れなかったので、この部分だけ参加者の方のツイートをお借りします。

ただ、その代わり、ミクさんの前で永遠の愛を誓う新郎新婦の象徴的なシーンで勘弁してください。

 

まぁ、そんな訳で、新郎新婦は新郎の楽曲「恋する縞パン」のniuさんによるオーケストラアレンジで退場し終了、となった訳ですが、参加者の退場時にケーキを分けて振る舞うのを忘れたらしくそれで慌てている様を見つつ、新郎新婦に挨拶し帰路についた訳ですが…いやぁ、こういうフェス的な構成や親族、リアル友人とボカロクラスタな方々が同じ会場で二人を祝うという考えはさすが数々のイベントをプロデュースしてきたyukkyさんならでは、というのもあるし、「ボカロパン屋」という場で集ったクリエイター達が花を添えたことでさらに印象的なパーティーになったことでしょう。

さすがは(おそらく初であろう)結婚披露パーティーにピアプロリンクを申請しただけありますね。

 

という訳で、yukkyさんとことりさん、ご結婚おめでとうございます!

 

なお、アイキャッチ画像に使っているウェルカムボードはけろさんの手によるものです。

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)