Steinberg/Wizooのリズムギター音源「Virtual Guitarist」が10年の時を経て復活する…らしい。

ICON » いまだファンの多いソフト音源の名作、「Virtual Guitarist」が遂に復活! ティーザー・サイトがローンチ

ドイツのNXTGN Music Technologyという会社は先ごろ、“virtualguitarist.com”というティーザー・サイトをローンチ。サイトのトップ・ページには、ギターの写真とともに、“Virtual Guitarist® will return soon.”というメッセージが掲載されています。

ほう。

Virtual Guitaristと言うと、Wizoo社の開発の下、Steinbergブランドで2002年頃(だったかなぁ?ちょっとここら辺の記憶が曖昧で申し訳ありません)に販売されていたリズムギター音源で、アコースティックギターやエレキギターの生演奏に近いバッキング奏法に特化していたため、当時本格的なギター音源がなかったため、かなり重宝していた記憶があります。

他にもエレキギターに特化したVirtual Guitarist Electric Editionやベース版のVirtual Bassist等も発売されていましたが、2008年にWizooがDigidesignに買収された為にディスコンとなり、後に後継となるVirtual Guitarist 2がリリースされましたが、こちらも販売終了となっています。

しかし、ICON様の記事によると、先日Steinberg社の技術者インタビューにてVirtual Guitaristの復活をリクエストしたところ、現在、ドイツのNXTGN Music Technologyという会社で新しいVirtual Guitaristを開発中とのことで、すでにvirtualguitarist.comにてティーザーサイトが公開され、メールアドレスを登録すると情報が送られてくる様です。

 

個人的にはかつて愛用していたこともあり、Virtual Guitaristの復活は非常に嬉しいニュースではあるのですが、現在、MUSICLAB社のRealGuitarシリーズやVir2社のELECTRI6ITY/ACOU6TICSを始め、優れたギター音源が主役となっていることもあり、単純な旧製品の焼き直しではなく、これらのギター音源をさらに上回るものであることを期待しております。

 

…早く出ないかなぁ…。

 

 

 

 

(本文中の引用文及び画像はICON様、及びVirtual Guitarティーザーサイトから引用しております)

 

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)