自宅で気軽に「ドラゲナイ」!?ヤマハがSEKAI NO OWARIのVo.、Fukaseのボカロライブラリを開発中!

SekaiNoOwari

「SEKAI NO OWARI」のボーカリスト「Fukase」のVOCALOID 歌声ライブラリを開発中。発売前先行企画としてキャラクターイラストをpixivで募集。 – ニュースリリース – ヤマハ株式会社

 ヤマハ株式会社は、現在、人気4人組バンド「SEKAI NO OWARI」のボーカリストである「Fukase」の声をもとにした「VOCALOID4」用の歌声ライブラリ『VOCALOID4 Library Fukase』の発売に向けて開発を進めていることをお知らせします。

製品の発売に先駆けて、製品のシンボルキャラクターを募集する一般公募型のコンテストが、イラストコミュニケーションサービス「pixiv」(http://www.pixiv.net/)にて8月4日(火)から8月31日(月)まで、当社協力のもと開催されます。大賞受賞者は、製品イラストなどを担当するオフィシャルイラストストレーターに採用される予定です。

なお、『VOCALOID4 Library Fukase』の発売時期、発売方法については未定です。

たいしたたまげた!

と言う訳で、ただでさえも先日DL販売されたばかりの「Sachiko」が好調で、新規男声VOCALOID4ライブラリ「アルスロイド」の9月発売が決まったばかりのヤマハが更に男声VOCALOID4ライブラリの発表を仕掛けてきた訳で。

しかも、そのライブラリのボイスプロバイダが人気バンド「SEKAI NO OWARI」のボーカリストのFukaseと言うことで思わず今は亡き淡谷のり子の真似をしてしまう位に驚いた訳です。

まぁ、それはさておき、Fukaseと言えば、SEKAI NO OWARIにおいては自分の声にAuto-Tuneをかけて独特の声の響きを出している事で有名ですし、また、素の声自体も比較的ナチュラルと言う事もあり、今回VOCALOID4ライブラリとしてリリースされることについては個人的に非常に楽しみだったりします。

また、Fukaseライブラリを通じて、若い世代が多いSEKAI NO OWARIファンの中からボカロPが生まれるかも知れない、と言うことを考えると胸熱だったりします。

 

そう言えば、このFukaseライブラリについてはプレスリリースにもある通り、シンボルキャラクターをPixivを通じてコンテスト形式で募っているようでして。

 

PixivContest

[pixiv] お知らせ – 「VOCALOID4 Library Fukase」キャラクターデザインコンテスト開催

と言った感じで、締め切りが8/31とちょっとタイトではありますが、大賞にはVOCALOID4ライブラリ Fukaseのオフィシャルイラストレーターとしての活動が約束され、また準大賞はFukaseのサイン入りVOCALOIDライブラリ Fukaseをプレゼント、優秀賞は2016年開催のSEKAI NO OWARIのツアーライブ招待など賞品が豪華であると言うこともあってか、既に20作品(2015/8/4 22:00現在)の応募があり(まぁ、ひとつ受け狙いと言うかコラが混じっているようですがw)、最終的にはどれだけの作品が集まるのかが非常に楽しみだったりします。

 

しかし、小林幸子と言い、今回のFukaseと言い、ヤマハはVOCALOID4ライブラリのボイスプロバイダの顔ぶれを見るにかなり気合いを入れている、と言った印象ですし、また、Sachikoにおける「Sachikobushi」の様に、HMM(隠れマルコフモデル)とのデュアルエンジンを積むようなことがあったら、これはこれで凄く楽しい感じになるんじゃないかと個人的に妄想しております。

 

あとは気になるのは発売時期ではありますが、開発がどれだけ進んでいるかにも依りますが、8月末にキャラクターデザインコンテストが終了し、それからゴタゴタする事を考えると、順当に行けば2016年始め〜春位、早めに来れば鏡音リン・レンV4Xと同時期に出るのではないか、と予想しておりますが、そこら辺については今後の情報を待て!と言った所でしょうか。

 

あぁ、早く家で「ドラゲナイ」をやりたい!(待てい!)

 

 

 

(本文中の引用文及び画像はヤマハのプレスリリース及びPixivの特設サイトから引用しております)

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)