先日Anime ExpoにてPowerFXのVOCALOID4ライブラリ「Ruby」が発表になったそうなのですが…。(追記あり)

去年の11月のVOCALOID4発表より前の段階から「VOCALOID4で出す!」と開発者が公言していたPowerFXの「Ruby」について、先日ロサンゼルスで開催されたAnime Expoで発表になったそうなのですが、発表内容が内容だったらしく、Twitterでは「#saveruby」と言うハッシュタグが付けられたRubyのイラストで溢れかえっているようです。

 

どうしてこうなったか?

 

Rubyのメイン開発者であるSyo氏のTwitterによると、元々はRubyの最終ビジュアルと言うのがこんな感じの褐色の肌をした活発そうな女の子のデザインだったそうです。hf2GaTz

でも、実際にAnime Expoで発表された「Ruby」は…

CJF4lbtUkAA3s5n

…ナンデスカコレハ?

 

まぁ、海外の場合は日本で言うところの「萌え」とかそう言ったものよりも「リアル」を追求する傾向にある事は存じ上げているのですが、ボカロに関しては初音ミクを始めとした日本のボカロキャラが受けていることから見られるようにこう言った「リアルさ」と言うのはあまり受け入れられないのではないかと思うのですが、これはPowerFXはやっちまった感がしないでもありません。実際「声とビジュアルが合っていない」との声もあるみたいですし。(と言うか、PowerFXはヤマハのCYBER DIVAのクールさを見習うべきだと個人的には思ってます)

しかも、これは開発陣には事前の告知もなく、PowerFX側が提示したビジュアルだというそうですからこれに対してRubyを心待ちにしていたボカロファンを中心にTwitterで「#saveruby」を貼り付けたツイートが溢れかえっているようです。他にもこの様な呼びかけをしていたりしているみたいです。

 

もし、日本で同じ様なことが起こったら一気にボカロ熱が冷めそうな勢いのある今回のRubyの件。発売までには解決するのでしょうか…。

 

(追記 2015/7/14 9:57)

Update on the VOCALOID Ruby Situation (7/10/15) by Voice-Synthesizers on DeviantArt

Here’s what’s up so far:

1. It was revealed both PowerFX and Crypton had taken interest in Ruby when they were still a indie Vocaloid Project back in 2013 but it was stated that Crypton wanted complete control over the design and artwork, so  Anders suggested moving to Zero-G or PowerFX because he believed they would offer them more freedom. Anders recently asserted that no promises were made, and no contracts signed beyond NDAs.

2.  It was all miscommunication. Anders was the one who was mostly at fault because he was asked by Syo and Misha to send their design months before. He acted like a middleman and communicated between PFX and Syo.

3. PowerFX revealed that they had never received Misha’s design, or knew it existed. An email sent by Bil Bryant indicated that he had not seen Syo and Misha’s concept until after Anime Expo.

4. On 7th, Bil stated that he had not been aware that Misha was Latina and wanted to be portrayed as such, or that Syo had been promised input on the design.

5. After negotiations, Misha/Syo’s original design will appear on the installer.

6. No word yet if it will be on the boxart itself.

と言う訳で、 一連のRubyの騒動について経緯が記載されているようです。

当初RubyはPowerFX以外にクリプトンが興味を示していた、と言う非常に興味深い情報がありますが、機械翻訳で掻い摘んでチェックした限りだと双方の話の行き違いで今回の騒動になった様です。

一応現時点ではRubyのインストーラーには元の褐色肌のRubyが登場するようですが、パッケージの方については言及がされていないようで、これであの「ナンデスカコレハ」なRubyがパッケージになったとしたら、かなーり歪な感じになってしまいますね…。

Share Button
2 Comments

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)