英Zero-GのVOCALOID4ライブラリ「Dex」「Daina」のデモ曲がアップされているようで。

VOCALOID4が発表になってからというもの、英語のライブラリといえばヤマハの「CYBER DIVA」とクリプトンの「巡音ルカV4X」くらいで、欧州圏のボカロメーカーであるPowerFXやZero-Gに関してはほとんど音沙汰がない状態(PowerFXに関しては「RUBY」と言うライブラリを開発している話が流れていましたが…今はどうなっているのでしょうか?)でしたが、ここへ来て、英Zero-Gが「Dex」「Daina」と言う2種類の男女のVOCALOID4ライブラリのデモをYouTubeに公開した様で。

名前から察するに「Dex」は男声、「Daina」は女声ボカロと言った感じになるのでしょうが、Dexはちょっと判り辛いですが、Dainaは獣耳が付いている&二人にしっぽが付いていることから、コンセプト的には「人の形をした獣」の様なものなのでしょうか?色々と気になります。

※何か、「Zero-G VOCALOID4 Premiere Stream」に於いてキーワードとして「The Fox and The Hound」と書いてあるところから、「きつね(Daina)と猟犬(Dex)」と言うコンセプトなのかもしれません。

 

で、肝心のデモですが、合計で4曲分聴くことが出来、1曲目はDexとDainaのデュエット、2曲目はDaina、3曲目はDexのそれぞれのソロで、どれもダンサブルな曲となっており、4曲目はDexとDainaのバラード調のデュエットとなっております。デモの曲調を聴いた限りだと、ダンサブルな曲向けとして使って欲しい様な感じでしょうか。

 

発売時期とかそこら辺は現時点ではまだ判りませんが、今から非常に楽しみです。

 

 

 

(お詫び 2015/6/22 17:23)

すみません、思い切りボカロの名前を間違えてました(汗)。

正しくは「Daina」 です…っていうかなんで「Diana」ってずっと書いてたんだろ?

 

Share Button
One Comment

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)