【リンク紹介】ドラム&ベースを生っぽく聴かせる打ち込みテクニック

BFD3 Trillian

BFD3 と Trilian で至高のドラム&ベース を打ち込むための2つのコツ | Digiland (デジランド) 島村楽器のデジタルガジェット情報発信サイト

 リアリティーを徹底的に追求したアコースティック・ドラム音源「BFD3」と超リアルなベース音源「Trilian」という最強コンビで至高のドラム& ベースを打ち込んでみよう!・・というのがこの記事のテーマ。今回はシンプルな8ビートを元に至高のグルーヴを生み出す為に必要な2つのテクニックをご紹 介いたします。

と言う訳で、リアルなアコースティック・ドラム音源「FXpansion BFD3」とアコースティック・エレキは勿論のこと、シンベや特殊なベースまでサポートしているベース音源「Spectrasonics Trilian」の組み合わせで生っぽいリズムトラックを打ち込む為のTipsが島村楽器の情報サイト、Digilandにて紹介されております。

とは言え、「BFD3もTrilianも高価だから手が出せないよ…」とツッコミが入りそうですが(事実、僕自身どちらもアップグレードで安く入手したクチなので、気持ちはそこそこ判ります…)、ただ、BFD3やTrilianでないとダメ、と言う話ではなく、内容的には「ドラム音源やベース音源で生っぽいグルーヴを出す為のテクニック」をBFD3とTrilianを使って紹介している内容なので、お手持ちのドラム音源やベース音源を使って応用することは可能です。

実際にどの様な打ち込みをすればいいのか(&その音のサンプル)についてはリンク先をチェックして頂くことにして、打ち込みのキモとなるのはドラムもベースも「ゴースト・ノート」(解りやすく言えば、実際に叩いたり弾いていたりするのだけれども音としては余り聞こえない部分)を効果的に使う事で平坦なフレーズをいかにも生っぽく聴こえるようにする事にあります。

なので、ドラム&ベースパートについて、リンク先のページを元に試行錯誤してみることで、打ち込みのレベルを上げてみては如何でしょうか?

(って、読者に言う前に自分のレベルを上げろ、と言うツッコミはなしでw)

 

 

(本文中の画像及び引用文について、Digilandから引用しました)

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)