初音ミクV4 TEST版のデモ音声について感じたこと。

初音ミクV4 TEST:開発状況レポート@2015.04.24 – SONICWIREブログ

先日のDTMステーションのインタビュー記事内でも触れておりました、初音ミクの実験バージョンの進捗を報告させて頂きます。まだ、試験/検証中の部分が多く残されており、巡音ルカV4Xなどとの違いは捉えにくい状況でもありますが、今後進捗に合わせて報告させて頂きます。

なお、この初音ミクV4(仮)は、鏡音リンレンV4Xの先行試験の役目も担っております。鏡音リンレンV4Xでは、Append PowerをベースとしACT1への音素切り替え織り交ぜる方向性を検討をしておりますが、今は初音ミク+Appendで試験している状況です。

4/24付のSONICWIREブログにてwatさんの開発状況レポートという形で初音ミクV4のテストバージョンのデモ音声が公開されています。

聴いた感じV3→V4 TEST版と言う順番だと思うのですが、V3と比べてV4 TEST版の方が明瞭に声が出ている様に感じますね。

現段階でミクV4 TEST版の仕様としては、

■初音ミクORIGINALデータベース V3 → V4 TEST Ver(※名称未定)

【V3からの仕様変更点】
・E.V.E.C.への対応
(※Voice Colorは2~3種程度で調整予定、Voice Relaseその他については詳細検討中)
・EDITOR表記基準で、D3より低い音、C4より高い音の調整/改善
・音痩せや音抜けの悪い音素の調整/改善
・子音から子音への推移音素、[br]の音素改善など、細かい音素を大量に調整
・グロウルデータの追加

【試験項目】
・ベタ打ちの操作感をキープしつつ細かい区間部分の改善試験
・細かく連続した音素への対応性能の向上のための試験
・今までより踏み込んだトライフォンの実装/利活用の試験
・録音された声の解析データと、VOCALOIDの出力音声データの比較差分検証
・声の”きらびやかさ”のバランス調整
(※特に”ミクらしい”と思われる音素データ解析→他音素との比較調査→調整試験)
(※高音部と低音部の特性の差分検証→低音部の音抜け改善策の調整)

となっているようですが、ここで言うVoice Colorの種類について、DBがV3同様5種類(+別売2種類)あった上での2~3種程度なのであれば確かにそれ以上あっても混乱するだけだと思うので納得するのですが、ルカV4Xの様にHARD/SOFTの2種類のみであればもう少しあった方がいいかも、と言った感じでしょうか。

それ以外の仕様変更点についてはあって有難いものですし、デモの内容からして更に扱いやすくなるのでは?と言う期待も感じられるので、非常に楽しみにしております。

あと気になるのは次に出るとされる鏡音リン・レンV4Xの制作状況が見えているようで若干見えていない部分が感じられるので、そろそろリン・レンのデモも出てくると嬉しいかな、と思っています。

 

まぁ、あくまでもいちボカロウォッチャーのつぶやきですので、ありがちな感想のひとつということで…。

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)