インターネット社から初のVOCALOID4ライブラリ「VOCALOID4 がくっぽいど」が4月30日に発売!

gakupoV4_2

VOCALOID4|がくっぽいど|株式会社インターネット

日本を代表するアーティスト「GACKT」の声をベースに制作した、VOCALOID4専用歌声ライブラリ。

VOCALOID4 がくっぽいどは、VOCALOID4として日本語初の男声VOCALOIDライブラリです。

ライブラリは、GACKTの”基本的な声”をベースに制作した『がくっぽいど NATIVE』、”パワフルな声”の部分をベースに制作した『がくっぽいど POWER』、”ささやくようなやさしい声”の部分をベースに制作した『がくっぽいど WHISPER』の3商品と全ライブラリをセットにした『がくっぽいど COMPLETE』、そして各ライブラリ商品と歌声データ作成・編集を行う「VOCALOID4 Editor」をセットにしたスターターパックの全8ラインナップです。

いずれのライブラリもデータベースの再調整により、自然な言葉のつながりやノ イズ軽減など、さらに高音質な歌声合成を実現します。VOCALOID4の特長でもある声を激しくふるわせるような効果『グロウル』やピッチスナップモードでロボットのようなボイスの生成、「がくっぽいど NATIVE/POWER/WHISPER」から自由に2種類のライブラリを組み合わせてブレンドし、オリジナルライブラリが作れる『クロスシンセシス』機能も使用可能です。

キャラクターイラストはマンガ家「三浦建太郎」氏です。

発売日:2015年4月30日(木)

という訳で、インターネット社からもやっとVOCALOID4ライブラリがリリースされる様で。
個人的予想としてはVOCALOID3の時と同様、MegpoidのVOCALOID4ライブラリが先にリリースされるものかと思っていたのですが、がくっぽいどが先に出るということで男性VOCALOID4ライブラリを望んでいた方にとっては朗報ではないでしょうか。

 

発売されるライブラリは「NATIVE」「POWER」「WHISPER」とVOCALOID3の時と同じ構成なので、既にVOCALOID3で所有している方にとってはグロウルのためにVOCALOID4ライブラリを購入するかどうか迷いどころではありますが(実際、1ライブラリにつき税抜13,000円、COMPLETEが税抜25,000円ってことを考えると早割優待価格[ライブラリごと:税込10,152円、COMPLETE:税込20,520円]で入手したいところですが…)、VOCALOID4から始めようとしているボカロPの方にとっては男性ボーカルとしてのボカロの検討もありではないでしょうか?

 

という訳で、ちょっと購入を検討しようかなぁ…と考えている自分がいたりして。

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)