【殴り書きコラム】「Dragon Night」の歌詞から紐解く楽曲の魅力の研究。

SEKAI NO OWARI “Dragon Night” の子音の発音の特徴|Lyrics Theory

みなさんご存知のように SEKAI NO OWARI の “Dragon Night” は、2014年の年末から2015年の1-2月にかけて SNS 等で注目されました。NHKの紅白歌合戦やカウントダウンTVに出演しましたし、歌詞サイト J-Lyric.net で3月28日現在でもいまだ3位にランクしつづけています。また、同様に iTunes でもいまだ5位にランクしています。
このように、ネタとしての注目だけでなく楽曲の魅力がきちんとセールスにも反映されているように見えます。

本楽曲の魅力のひとつに、英語的な発音があります。それは特に子音の発音に注目することで理解することができます。

なぜ英語的な発音が魅力的なのでしょうか。
それは、わたしたちの聴いているJ-POPがこれまでにずっと洋楽、とりわけ英語のポップスの影響下にあったことに由来していると考えられます。

本論では、 “Dragon Night” を分析することによって英語的な歌を達成するためにはどうすればいいのか、その手がかりを見ていくことにしましょう。

たまたまネットを徘徊していたところ見つけたエントリなのですが、SEKAI NO OWARIの「Dragon Night」が英語的発音(特に子音の発音)を活用していることに着眼点をおいて、英語的な歌を書く手がかりを解説しております。

解説するにあたって、キーワードに「音節」「モーラ」「シラブル」の3つを挙げていますが、これらの違いや見方をわかりやすく解説されているので、実際にボカロ曲の製作において(別にボカロ曲に限ったわけでもありませんが)歌詞を考えるにあたってのヒントになるのではないか?と思います。

この「Lyrics Theory」というサイトには他にも幾つかの歌詞分析を行っていますので、歌詞を書いている方にとってはもしかしたら新たな発見が得られるかもしれません。

 

個人的にお勧めです。

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)