ヤマハ×クリプトンのコラボウェブキャスティングミキサー「AG03-MIKU」が発表になりました!

AG03miku1AG03-MIKU – ウェブキャスティングミキサー – ヤマハ株式会社

クリプトン・フューチャー・メディアとのコラボレーションで生まれた、ウェブキャスティングに便利な機能を備えた音楽・音声用3チャンネルミキサーです。同梱の「初音ミクおためしセット」で、「初音ミク」の歌声ライブラリを使用したボーカロイド曲制作を手軽に体験できます。

遂にヤマハとクリプトン・フューチャー・メディアとのコラボ商品の全貌が明らかになった様です。

「ミクの日」こと3月9日に発表された「AG03-MIKU」は先日のNAMM SHOWにて発表されたウェブキャスティングミキサー「AG03」をベースに初音ミクのカラーリング&iXima氏によるイラストが施されたデザインとなっています。

AG03-MIKUは「歌ってみたや演奏してみた、ゲーム実況などの生放送するのに必要な機能を詰め込んだ配信に特化したUSBウェブキャスティング・ミキサー」とある様に、ネット配信を行うにあたって必要最低限な機能を要している他に、192kHz/24bitのオーディオインターフェイスとしても機能することが出来、PCやiPadに接続してDTM用途で使うことも出来るオールマイティーな一台となっております。

おまけにAG03-MIKUには「初音ミクおためしセット」が同梱されており、

・初音ミク V3 (ORIGINAL/DARK)の39日間体験版

・サウンド素材「SONICWIRE」のフリーサンプル

・VOCALOID4 Editor for Cubaseの39日間体験版

と、ヤマハとクリプトンのコラボならではの内容がついてきます。

その上でAG03-MIKUには「CUBASE AI7」がついてきますので、ひとまず39日間はミクを使った音楽制作が出来ると言う事になります(それ以上&他のライブラリを使いたい場合は最低でも別途初音ミクV3を購入する必要がありますが)。

 

発売予定は5月下旬、また実売価格は今の所は明らかになっていませんが、同等の機能を持っているSteinberg UR12の実売価格が約1万円ですから、大体1.5万円程度になるのではないでしょうか。

※因みにICON様の記事(←開発者インタビューもありますので、一読することをオススメします)によりますと、AG03-MIKUはAG03と実売価格は同じになるとのこと。だとしたら、ミクV3体験版やSONICWIREのサウンドライブラリなどが付いている分AG03-MIKUの方がお買い得になりますね!

 

個人的にモバイル用オーディオインターフェイスとして1台欲しいな、といった所です。

 

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)