ギャラ子が「大ニセモノ博覧会」の音声ナビゲーターに。

galaco

ニセモノぞくぞくの「大ニセモノ博覧会」 案内役はギャラ子に! – ねとらぼ

  国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)が3月10日から開催する「大ニセモノ博覧会」の音声ナビゲーターに「ギャラ子Talk」が採用された。

「ギャラ子Talk」とは、柴咲コウさんの声をもとに開発した「VOCALOID3 Library ギャラ子NEO」(2014年8月発売)の付属ソフト。文章を入力するとギャラ子が読み上げるというもので、エーアイの音声合成エンジン「AITalk」を活用している。会場では専用のスマートフォンアプリを使用すると、ギャラ子が展示品を説明をする。

3月10日から国立歴史民俗博物館にて開催される「大ニセモノ博覧会」の音声ナビゲーターとして「ギャラ子Talk」が採用されたそうで、ジュラ紀から現代までの「ニセモノ」「ホンモノ」の約300点の展示物について、専用のスマートフォンアプリ(iOS 7.0以上のiPhoneまたは Android2.3.3以上のAndroid端末)を通じて展示品の説明をするそうです。

「ニセモノ」を取り扱った博覧会、と言う事もあって、ギャラ子の声を聞きたいという目的がなくてもちょっと行ってみたいなぁ、と思いますね。

 

まぁ、それはさておき、音声合成がこの様に一般的なところにまで浸透していると言う意味では個人的にはいい傾向になってきているなぁ、と思っていますが、皆さんはどうでしょうか?

 

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)