中国でオープンソースの音声合成技術である「ROCALOID」が開発されているそうです。

ROCALOID ~中国発のオープンソース歌声合成~

 最初は「初音ミクを中国語で歌わせたかった」…と言うことで、先日開催された「第01回世界ボーカロイド大会」(以下、ボカコン)の宿泊参加限定の座談会企画のひとつ「歌声合成技術サロン」にてボカコン参加者のEjiさんが中国のオープンソースの音声合成技術「ROCALOID」の紹介をしておりました。

 僕自身途中からの参加だったので(丁度一部で話題の「ゆかり温泉」の参加時間とかぶってしまったので…)、全て聞くことができなかったのですが、今回発表の際に使用していたスライドが公開されたことにより、大体大まかな概要及び中国のボカロ/UTAU事情も含めてわかるかと思います。

 現在、中国の音声合成技術の事情としてはVOCALOID(Vocanese)とUTAUが中心となっているようで、そこに先日MUTAが参入した形となっているようですが、傍から見た感じUTAUが(無料かつ扱いやすい、そしてボカロの現地法人のいざこざなどがあって)優勢のようで、ROCALOIDはそんなUTAU勢に一旦は擦り寄りつつも喧嘩を売ったという状況だったそうではありますが、一部では当ブログが何故か公式と紹介されてしまった(笑)「夏語遙」でお馴染みのE-Capsuleが夏語遙のROCALOID化の検討がされている、という話もあったり、それ以前に個人的には「オープンソースの音声合成技術」という所に非常に興味があります。

 基本は中国語が中心の開発となるでしょうし、公開されているソースも確認してみないとわからない部分もありますが(スライドで紹介されていたURLの内容は最新バージョンではなさそうですし)、僕以外の(かつ僕以上にプログラミングに長けた)音声合成技術に興味のあるプログラマーやSEを味方につければ面白い事になるんじゃないか?と思っています。

 …つか、後でちょっとソースを覗いてみようかな?

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)