【殴り書きコラム】今から12年前の今日。

News:歌詞とメロディを入力すると歌い出す ヤマハが歌声合成ソフト開発

 ヤマハは2月26日、歌詞と音符を入力すると人間の歌声を自動合成するソフト「VOCALOID」(ヴォーカロイド)を開発したと発表した。実際の人の歌声から収録したデータベースをもとに合成するため、元の歌声の性質を残したリアルな歌声を合成可能だという。

今から12年前の今日、ヤマハから歌声合成ソフト、VOCALOIDを開発したことを発表しました。(この時は「ボーカロイド」ではなく「ヴォーカロイド」でしたねw)

僕自身は確かこの年の秋(ここら辺ちょっと記憶が曖昧で申し訳ないです…)に開催された楽器フェアでVOCALOIDのデモを見る機会に触れ、見終わった後に「これが一般化されたら面白いことになるだろうなぁ」と思ったものです。

それが4年後にVOCALOID2として「初音ミク」が現れたことによってその思いが現実に近づき、そしてVOCALOID3, VOCALOID4と進むにつれてSinsyやUTAUと言った他の技術とともに「歌声合成技術」が一般化され現在に至るわけですが、今までVOCALOIDを引っ張ってきたプロジェクトリーダーの剣持さんが異動となり、新しいプロジェクトリーダーの石川さんが舵をとることで、更に新しい時代に向けて進んで行くのだろうな、と思っております。

 

そう考えると、昨日AHS公式生放送にてゲストとして石川さんと大島さんが登場したのも偶然ではなく、必然だったのかな?と思っていたり。

 

そんな訳で、VOCALOIDのさらなる飛躍を13年目のこの日に祈るのであります。

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)