ボカロは果たして「オワコン」か?

news214093_pho02

「初音ミク」はもう飽きられた? 今年は「50万回以上」の再生数わずか7曲に… : J-CASTニュース

2014年8月23日に開かれた「OngaCRESTシンポジウム2014 音楽情報処理研究が切り拓く未来を探る」で、伊藤社長が「初音ミクが切り拓いてきた世界、切り拓く未来」と題して、技術が生み出すコンテンツ文化の発展について講演した。

その際に、伊藤社長はニコニコ動画でのVOCALOIDの50万回以上の再生数の推移を、グラフを用いて説明。

2011年 68曲
2012年 77曲
2013年 39曲
2014年 7曲(8月21日時点)

と、激減していることを明らかにした。

このグラフが、講演を聞いていた人のツイッターを介してインターネットで拡散。ネットには、

「なんか曲調が過激になって一気に飽きがきた感じ。最近は一般ウケとかけ離れた曲ばっかり」
「まぁ、ブームだったんだよ」
「作り手が『ボカロが以前ほどカネにならなくなったからそろそろ終わらせたい』という感じなのかな。だとしたら、もう救えないな」
「こういうコンテンツは終わったといわれてからが本番だよ。エヴァやたまごっちも終わったといわれながら、細々と続けていた時期があったわけで、新たなテコ入れで還り咲くならそれもよしだろ」

といったカキコミやつぶやきであふれている。

大体「オワコン」言ってるような人間にとっては終わっているのかも知れないけれど、別に総意ではないわけだし、年々作る人間が多くなってきているが故に分 散されてきてしまっている事を考えると、再生数が50万越えが少ないのはそれだけ多彩化してしまっていることも考えられるんじゃないかなぁ、と思ったり する。

 

…何か、ニュースの文中にピックアップされているコメントを読むと好き放題勝手放題無責任なこと書き散らかしているなぁ、と言うのが率直な感想かな。

確かに以前と比べたら所謂「ヒット曲」的なものは少なくなってきているとは思うし、それを以って「オワコンオワコン」とオウムの如く喚き散らす気持ちも判らんでもないわけですが、でも、ボカロ自体はTブーSの日曜の某昼番組でのネガティブな刷り込みの所為で変な目で見られていた頃と比べると随分と好意的になってきたと思うし、一般化もされてきた。まぁ、そう言う意味では「ブーム」と言う観点での盛り上がりは落ち着いているのかもしれない。だけど、VOCALOIDと言う存在により、「誰でも気軽に音楽が作れるんだ」と言う風潮が生まれたと思うし、ピアプロに代表されるCGMも少しずつ根付いてきつつあると思う。

僕自身としてはGSやフォークなどといった「一部の音楽」が歌謡曲なりJ-POPなりに(音楽のジャンルとして)取り込まれた段階にボカロの音楽というのは来ていると思っています。

なので、記事の最後にある、

「もうちょっとミクが人間に近い曲にならないと。いくらコンビニで流れても、電子音で気持ち悪いってなるわな」
「何年もミクやらせるのもいいけど、少しくらい違和感を消す努力もしろや」

と言う無責任な放言通りに進んでしまうと、それこそボカロらしさがなくなると思うんですよね。勿論、技術的な向上はあってしかるべきだと思いますが。

 

(追記)

つか、記事をアップした後に思ったんだけど、J-CASTニュースの当該記事って今更TブーSの「アッコになにがし」の様なネガキャン記事を書いて注目を集めようって考えているわけではないよね? (苦笑)実際にクリプトンの伊藤社長もJ-CASTニュースの当該記事に憤慨しているようだし。

そんな訳で、Ongacrestに参加された方々の発言のまとめがありますので、こちらも併せてご紹介しておきます。
Togetter:#OngaCREST シンポジウム2014 まとめ
http://togetter.com/li/710107

Share Button
3 Comments

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)