日本でもCakewalk SONARの販売開始が発表になりました。(追記あり)

sonar_pack

ニュース :: 米Cakewalk社 TASCAM Professional Softwareブランド 音楽制作ソフトウェア『SONAR』の新シリーズを国内発売 | TASCAM

ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、米Cakewalk社 TASCAM Professional Softwareブランドの音楽制作ソフトウェア『SONAR』の新シリーズを国内発売開始いたします。

という訳で、本日(2015年2月19日)、ティアックからCakewalk社「SONAR」の国内販売の開始がアナウンスされました。

新規購入者・向けにパッケージ販売(3月上旬予定)はされるものの、アップグレード・クロスグレード版はCakewalk Storeでのダウンロード販売(2月下旬予定)のみとなっている様です。

また、気になる値段は通常版がSONAR Platinum:61,111円、SONAR Professional:27,777円、SONAR Artist:14,444円(全て税抜)となり(それにしても見事に数字が並んでるしw)、SONAR Producer(バージョン問わず)→Platinum:24,000円、SONAR Studio(バージョン問わず)→Professional:12,000円、SONAR Essential(バージョン問わず)→Artist:7,000円(全て年払い、月払いは1/10の値段)と言った値段になるようです。(詳細は藤本健の”DTMステーション”様の記事をご覧頂ければと思います)

アップグレードの値段がバージョンを問わずに全て同じ値段であるのは、TASCAM側としてはメンバーシップ制度に変更することで、多くのSONARユーザーに使っていただきたいとのことで、正直X2やX3のユーザーには割高になるかもしれませんが、今でも古いバージョンのSONARユーザーを使っている方もいらっしゃいますから、そう言った方々にとっては(Roland時代と比べて)安価で最新版をゲットできるチャンスかもしれません。

 

で、その肝心の「メンバーシップ制度」ではありますが、TASCAM側としてはAdobeやAVID ProToolsが採用している「サブスクリプション制」とは全く違う、と言うスタンスの様でして、TASCAM側の言い分からその違いをかいつまんでみると、

 

・新しい機能がすぐに実装される

・カスタマーサポートが無料で受けられる

・12ヶ月毎に更新すれば、継続してバージョンアップ・サポートが受けられる(年払いは12ヶ月のメンバーシップライセンスが付く)

・12ヶ月経過すれば更新しなくてもソフトはそのまま使える(但し、バージョンアップ・サポートは受けられない)

・ただ、バージョンアップやサポートを受けたくなったら再びメンバーシップ入会すれば今までと同様の条件で受けることが出来る

 

と言った感じでしょうか。

sonar_membership

 

…そう考えると、根本はサブスクリプション制によく似ていますが、サブスクリプション制よりは柔軟に対応している様に見えますね。

以前の記事にも書きましたが、「ボカロPになりたい!」の様に一定期間欠かさずに入金すればソフトウェアが入手できる訳ですし、ある意味「試しに使ってみるか」的な感じで購入するのもいいんじゃないかと思います。

※正直新規購入者にとっては以前よりも割高になっているのはいただけませんけどね。

 

まぁ、そんな訳で僕も一応古いバージョンのSONARを所有しているので2,400円(税抜)/月でSONAR Platinumのマンスリー購入を検討しようかと思ってます。

 

(追記 2015/2/19 16:11)

さて、この記事を書いた後にICON様の記事が更新されていたのでチェックしてみたのですが、一度メンバーシップを退会した後の復帰について、

ただし「メンバーシンプ制」を退会すると、ソフトウェアのアップデートやカスタマー・サポートは受けられなくなり、再び「メンバーシンプ制」に加入するに は、ライセンスの有効化費用がかかるとのことです(一度「メンバーシップ制」を退会してしまうと、“メンバーシップライセンス”を購入するだけではライセ ンスを有効化することはできないようです)。

と言う記述が。

それに対し、藤本健の”DTMステーション”様の記事ですと、TASCAMの担当者のコメントとして、

--もし12か月経過した時点でメンバーシップを終了したけれど、2年後、3年後の新バージョンになった時に、また欲しいとなった場合は、また新規ユーザーとしての金額を払わなくてはならないのですか?
小泉:他 社製品ではそうしたケースが多いようですが、SONARの場合は、間が何年途切れても、継続での価格と同じ扱いの優待価格で再度メンバーシップに入ってい ただくことが可能です。だから、とりあえず現状で満足でありカスタマーサポートも不要であれば、しばらくは契約が切れた状態でお使いいただき、その後欲し い機能が搭載されたら、再度戻ってきていただければお得に更新していくことができますよ。
と言う記述があり、少なくともライセンス購入だけでどうにかなる様な記述になっているんですよね…。
どちらが一体正しいのでしょうか?わたし、気になります!
※少なくとも僕はICON様の記事については過去SONAR発表直後の記事の内容でSONARユーザーが混乱を招くことになったことを考えると、これについては今の所は静観しようかと思います。

 

あ、因みに本文に書くのを忘れていましたが、12ヶ月未満でマンスリー購入を辞めると、セーブ及び書き出しが行えないことも付け加えておきますね。

 

 

 

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)