SEQUENTIALブランド復活!Dave Smith InstrumentsがNAMM ShowにてProphet-5の後継機?「Prophet-6」を発表!

Sequential is Back! | Dave Smith Instruments

In an unprecedented gesture of good will, Yamaha Corporation and its President, Takuya Nakata, have granted possession of the Sequential brand back to its original owner and company founder, Dave Smith. “To say that I’m grateful would be putting it mildly,” said Smith. “Generosity at this level is almost unheard of in today’s corporate climate.”

Like the other pioneering American synthesizer manufacturers of the late 1970’s and 80’s, Moog and Oberheim, Sequential’s fortunes declined when digital instruments eclipsed their analog counterparts. All three company founders subsequently lost the rights to their own company name. When Sequential ceased operations in 1987, its name and assets were acquired by Yamaha. For a number of years following that, Smith worked as a consultant for Yamaha and Korg, and was largely responsible for Korg’s successful Wavestation series of vector-synthesis-based instruments.

Instrumental in restoring the Sequential name was Roland’s Founder, Ikutaro Kakehashi, a longtime colleague and friend of Smith’s. “I feel that it’s important to get rid of unnecessary conflict among electronic musical instrument companies,” said Kakehashi. “That is exactly the spirit of MIDI. For this reason, I personally recommended that the President of Yamaha, Mr. Nakata, return the rights to the Sequential name to Dave Smith. And I’m glad to see such a wonderful result—a new product with the Sequential name.”

 「SEQUENTIAL」ブランドの復活!

今回のNAMM ShowはKORGがARP ODYSSEYをミニチュアサイズにして復活させたり、Rolandが様々な禁じ手を破ってSH-101以来のアナログシンセを一機能として復活させたクロスオーバーシンセJD-Xiを発表し、YAMAHAは今までありそうになかったアメリカ英語のDBをフィーチャーしたVOCALOID4ライブラリ、CYBER DIVAを発表したりと、まだ1日目だというのになかなか内容の濃い情報が流れる中、それらを吹っ飛ばす様な情報がNAMM Showで発表されました。

それは、「SEQUENTIALブランドの復活」です。

そもそも、1970年台半ばにデイヴ・スミス氏が中心となってSEQUENTIAL CIRCUITSと言う会社を立ち上げ、Prophet-5を始めとしたProphetシリーズや様々なシンセサイザーを作り上げてきたメーカーではありますが、1987年にYAMAHAに買収されてからというもの、一部の技術はYAMAHAのシンセに流用されつつも実質消滅してしまい、後にKORGからSEQUENTIALの技術を流用したWAVESTATIONが出たりしていましたが、近年デイヴ・スミス氏は「Dave Smith Instruments」を立ち上げ、Prophet-5を彷彿させるアナログシンセ「Prophet ’08」「Prophet ’12」等を世に送り出してきました。

そして、その「SEQUENTIAL」の商標を保有していたYAMAHAがデイヴ・スミス氏に商標を返還し、晴れて「Dave Smith Instruments」のブランド名として「SEQUENTIAL」の名前が付いたアナログシンセ「Prophet-6」が発表となりました。

※リンク先には返還の際にRoland創業者梯郁太郎氏が取り持った様な内容が書いてあるみたいなのですが、実際はどうなのでしょう?

 

新製品の名前「Prophet-6」から察するに「Prophet ’08」「Prophet ’12」とはまた違う、ある意味往年の名機である「Prophet-5」直系の後継機(もしくはオマージュ)と思われますが、いかんせん、英語の記事を斜め読みしているので、詳細の内容については後からわらわらと出てくるきちんとした記事を待ちたいと思います(ってなんていい加減な筆者なんだ>俺w)。

 

なお、話によるとProphet-6の発売時期は2015年6月の発売予定で、価格はまだ未定とのこと。

多分、購入は絶対無理だろうから、楽器屋かイベントで弾く機会があったら弾いてみたいなぁ、と思います。

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)