Moogから1973年に製造したモジュラーシンセを数量限定で発売するそうです。

  Moog_S55

Moog_S35

Moog_M15

Moog、1973年製シンセサイザーを復刻・販売へ – ITmedia ニュース

 米Moog Musicは1月17日(現地時間)、1973年製造のアナログシンセサイザー3モデルを復刻・販売する計画を発表した。

復刻するのは、「System 55」「System 35」「Model 15」の3モデル。すべて手造りで、それぞれ数十台ずつ生産する。価格はSystem 55が3万5000ドル(約400万円)、System 35が2万2000ドル、Model 15は1万ドルだ。

昨年一昨年辺りからKORG MS-20の復刻版であるMS-20 mini/MS-20 kitやRolandのTRシリーズやTB-303、SH-101、SH-2などをデジタル技術で復刻したAIRAシリーズ、最近ではKORGがARP Odysseyの復刻をするなど(そう言えばBEHRINGERも$500でArp Odysseyを復刻させると言っているようですが)、シンセ業界は「復刻」がある種のブームになっているような流れでありますが、そんな中、去年、Moog Music社60周年記年の一環として元EL&Pのキース・エマーソンの為にモジュラーシステムを復刻したことをきっかけに、1973年に製造したMoog System 55/System 35/Model 15の3種類の復刻版を数量限定で販売する事になったそうで。

 

お値段的に正直一般人には購入できない代物ではありますが(そりゃあ、製造に手間がかかる上に、部品も極力その当時のものを使用しているらしいですし…)、きっとミュージシャンは勿論のこと、愛好家の方々はきっとゲットするのでしょうね…羨ましい。

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)