「目指すは初音ミクのような新しい音楽のムーブメント」-次世代Miburiとも言える「KAGURA」と言う楽器がリリースした模様。

「目指すは初音ミクのような新しい音楽のムーブメント」ー身体を使って直感的に演奏ができるしくみデザインの「KAGURA」がリリース – THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

 しくみデザインが開発した「KAGURA」は、Intel® Perceptual Computing Challenge 2013でグランプリに選ばれ、リアルタイムの奥行き認識機能を搭載したIntel®RealSense™3Dのもとで稼働するアプリとして今回リリースした。2014年に公開されたIntel®RealSense™3DはすでにLenovoやAcerなどのパソコンで導入されており、これらのパソコン上で動作できる。楽器を鳴らす部分は2Dの画像解析で行っているため、ジェスチャー認識はできないが演奏することはできる。まずは、Windows端末用アプリとしてダウンロード可能だ。

これを見てパッと思い浮かんだのは、かつてヤマハが開発したジェスチャーで演奏する楽器「Miburi」ですね。

miburi miburi_2

Miburiは上記のようなセンサやウェアを身につけて演奏するハードウェアなジェスチャー楽器(個人的には平沢進やP-MODELが使っていた印象しかありませんがw)ですが、このKAGURAはIntel®RealSense™3Dの搭載PCであればWindowsソフトをダウンロードすればディスプレイ上のバーやボタンなどに向かってジェスチャーすることで音ゲー感覚で音を鳴らしたり、ボタンの追加やテンポの変更などが出来たりと、なかなかパフォーマンス上では面白い効果が得られそうな印象です。

 

KAGURAというツールを使い、ユーザー自身の手によって今までにない新しい音楽表現が生み出すということは、ここから次世代のミュージシャンやパフォーマーが生まれるかもしれない。「一つの目指す形として、クリプトン・フューチャー・メディアの初音ミクのように、誰もが音楽を楽しみ、そこから新しい表現が生まれてくるようなムーブメントになれたら」と、中村氏は語る。

確かに気軽に演奏できる楽器としてこのKAGURAは面白いと思いますが、使い方次第ではミクと一緒に演奏したり、上手い具合にMIKU STOMPと繋ぎ合わせれば「ジェスチャーで初音ミクを歌わせる」事が出来るんじゃないかなぁ、なんて思ったりしますが、如何でしょう?(って、誰に向かって提案してるんだよ>俺)

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)