【まとめ】SONARのサブスクリプションに関するふたつ(+1)の誤解。

ひとつ前のエントリで「SONARがサブスクリプション制になる」ことを記載しましたが、元記事のICON様の記事が概要しか記載していなかったこともあり、TwitterのTL上ではSONARユーザーが混乱を招く事態に陥ってしまったことから、僕自身誤解していたこともあり、ある程度まとめる必要性を感じたので、個人的にまとめてみました。

 

1、サブスクリプションの価格について

ICON様の記事では、

気になる価格は、「SONAR Platinum」のサブスクリプションが49.99ドル/月(あるいは499ドル/年)、「SONAR Professional」のサブスクリプションが19.99ドル/月(あるいは199ドル/年)、「SONAR Artist」のサブスクリプションが9.99ドル/月(あるいは99ドル/年)。サブスクリプションの申し込みから12ヶ月間は「SONAR Membership」のメンバーとなり、アップデートやテクニカル・サポートを無償で受けることができるとのことです。

とありますが、 あくまでもこれは「新規ユーザーでの価格」であり、既存ユーザーにつきましてはCakewalk社のショップでの価格では以下の通りとなります。

SonarPrice

SONAR ARTIST SONAR PROFESSIONAL SONAR PLATINUM
X3 Producerユーザー $49 or $4.99/月 $99 or $9.99/月 $149 or $14.99/月(Intro Offer)
X2 Producer以前のユーザー $49 or $4.99/月 $99 or $9.99/月 $199 or $19.99/月
SONAR Studioユーザー(バージョン問わず) $49 or $4.99/月 $99 or $9.99/月 $299 or $29.99/月
その他のSONARユーザー $49 or $4.99/月 $149 or $14.99/月 $399 or $39.99/月
新規ユーザー $99 or $9.99/月 $199 or $19.99/月 $499 or $49.99/月
2年目以降のメンバーシップ会員 $49 or $4.99/月 $99 or $9.99/月 $199 or $19.99/月

多分、TASCAMもこの様な既存ユーザーに対する割引を行う可能性が高いですが(但し2015/1/15時点では日本での販売形式についてのアナウンスはありません)、Cakewalkの様なシンプルなシステムではなく、Roland時代の価格体系に準じたシステムになる可能性も考えられます。

とりあえずどの様な販売形式になるか、そして、どれくらいの価格になるかはTASCAMからのインフォメーション待ちでしょうか。

 

2、サブスクリプションとライセンスの関係

これで既存ユーザーはある程度安く利用できる事はお分かりになったかと思いますが、「でもずっと(Adobeとかの様に)支払わなくちゃいけないんでしょ?」と言う疑問が出てくるかと思います。

それについては、Cakewalk社の新SONARのMembershipページのFAQの最初の設問で疑問が晴れるかと思います。

Is this like a subscription? Adobe Creative Cloud and other software with “subscription” models won’t let you keep anything.

No. The big difference with our model is that after your first 12 months of SONAR Membership you get to keep everything you have received.

これは、ぶっちゃけた書き方をすると、

Q、これってAdobeのCCのサブスクリプションのモデルと一緒でずっと支払わないと使えないんでしょ?

A、いいえ、最初の12ヶ月分を支払えばソフトは入手できますよ。

ということになります。

確かに支払い続けることで最新の機能などが手に入ったり、バージョンアップできたりするかもしれませんが、ソフト自体は12ヶ月支払えば(もしくは年払いで支払えば)SONARのライセンス自体は入手できるそうです。

ただ、12ヶ月間の途中で支払いをやめてしまったりするとデモモードになってしまうそうなので、支払いはマメに行う必要があるわけですが。

まぁ、システム的には「隔週刊ボカロPになりたい!」の様に全巻買い揃えたらボカロライブラリやVOCALOID4 Editor、DAWのライセンスがもらえる様なものと思えば良いのではないでしょうか。

勿論、2年目以降は新規ユーザーは$4.99〜$19.99(月払いの場合)で維持できますので、サポートが必要ならばそのまま続けるのもよし、不要であれば支払いをやめてもいいし、状況によっては再度払い始めてもいいし、といったところでしょうか。

 

オマケ、あくまでもサブスクリプション制は新SONAR(恐らくそれ以降)のシステムであること

一部のTLでは「今までのSONARに対してもサブスクリプション制になるのではないか」と危惧を持っていた方がチラホラと散見されていましたが、そんなことはありません(汗)。そんなことやったら流石に顰蹙ものでしょう。

なので、X3以前のSONARで充分だと思っている方はそのまま使い続けても問題はありませんし、新SONARにアップグレードしない限りはサブスクリプションは発生することはありません。

 

とりあえずは大きなところではこの2(+1)点となりますが、まぁ、少なくともそんなに極悪非道なシステムではなさそうですので、SONARユーザーの方はひとまず安心していただけたら、と思います。

 

僕も基本はCUBASE Pro8のユーザーではありますが、SONARのライセンスも2つ(現TASCAMでひとつ、Cakewalkでひとつ)持っていますので、価格によってはどちらかのライセンスをアップグレードしようかと考えています。

※使い慣れないDAWでどこまでできるかがアレではありますが…。

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)