【殴り書きコラム】もしかしたら、ボカロは変革期に入っているのかもしれない。

Mitchie Mさんのブログについて、いろいろな方がファボっているのを見て、僕自身も思うことがありましたので、

ということで、僕なりに思ったことをつらつらと述べようかと。

 

VOCALOID4をポチった。あとボカロの現状についての考察。|初音ミクの曲をMitchie Mが作った結果…

◆ ボカロの現状と今後

で、VOCALOID4も出て新年も始まったので、ここからボカロ現状と今後について音楽面のみに焦点を絞っての私見を書きたいと思います。

 

ニコ動を良く見る皆さんは、もうとっくに感じていらっしゃるかと思いますが、ニコ動のボカロ・シーンは以前に比べだいぶ落ち着いてきました(私の場合YouTubeは好調に伸びております)。

ボカロがこれだけ流行った理由の一つとして、音楽面だけについて言えば簡単に歌が作れるというのがあったと思います。

今の時代、広く普及する要素として簡単に作れるというのはとても大事です。難しい事に人はなかなか入って行きにくいものです。

それゆえ、ベタ打ちでもとりあえずボーカルトラックが作れて、その機械っぽさのサウンドが目新しくてボカロが流行ったのかと・・・。

ですが、音楽の歴史から見て、誰でも簡単に作れる新しいサウンドというものはとても広まりますが、一方で同じようなコピーが蔓延し衰退することが多いです。

例えば数年前ではジャスティスが流行らせたディストーション・サウンドがこの例に当てはまるかと思います。

そういうわけで、今のボカロ・シーンはその広まりのリアクションとして現状があるのではないかと見ております。

確かにそういう見方もあると思うのですが、ニコ動におけるボカロシーンが落ち着いたのは、「ボカロの使い方がある程度画一化された」というのがあるんじゃないかと思います。

黎明期のボカロシーンはまだ「ボカロをどうやって使う(歌わせる)のか」というのがまだ手探りな状態で、色々と試行錯誤した上で色々なジャンルでどう歌わせたらいいのか、的なことを日々研究していたように思えるんです。

それがある程度確立され、歌わせ方も画一化され、そしてボカロPの多くはヒットした楽曲と同様の楽曲を作るようになり、冒険するような楽曲があまり目立たなくなってきて、結果「落ち着いた」感がある様に思えるんですよね。

それが、

ですが、音楽の歴史から見て、誰でも簡単に作れる新しいサウンドというものはとても広まりますが、一方で同じようなコピーが蔓延し衰退することが多いです。

例えば数年前ではジャスティスが流行らせたディストーション・サウンドがこの例に当てはまるかと思います。

に繋がってくる(と考察している)訳ですが。

 

じゃあ、衰退しないようにするにはどうすればいいのか?という話になるわけですが、所謂「売れ線」狙いから外れればいいのか?というとそうでもなく、だからと言って流行り物に乗るだけでは意味がない訳で。

 

僕自身、明確な答え、というものは出せませんが、ひとつの解としては「VOCALOID4を弄くり回す」ことが挙げられるのかなぁ、と。

幸い、VOCALOID4には「グロウル」と「クロスシンセシス」というふたつの新しい機能が追加されました。

実際、これらの機能が追加されたことにより、

VOCALOID4が出て更に表現力は高まりました。当然テクノロジーが進歩すれば声はリアルな方向になって行きます。しかし今回のバージョンでパラメータが増えたように、作るのも手間がかかるようになります。

よって、ボカロ全体的にもハードルが上がってきているので、以前のような状況が戻ることは考えにくいです(今までが特殊な状況だったと思いますし)。が、それはボカロのクオリティの向上としては避けられないので良い事だと解釈しています。

多くのコンテンツは伸びてくるとクオリティー自体も自然と上がるものだし、クオリティーが上がらないというのも問題だと思うのですがどうなんでしょう・・・?(^^;)

なので、自分もこれからは「流行りのボカロ」ということではなく、純粋に音楽の面白さを追求していかなくてはと思う次第です。

流行っている時には良い結果が出やすいものですが、これからがボカロ音楽の真価が問われるのではないかと思います。

と言う「表現力の向上」と「クオリティの高さ」を求めることになる、と言う事も必要ではありますが、「使い方を研究する」と言う余地も残っていると思うし、それを上手く突くことができればボカロシーンに変革を起こすことができるのではないか、と思ったりするのです。

 

それがうまく作用するかはわからないし、作用したとしても落ち着いたシーンに揺さぶりをかけられる保証はありません。だけど「面白い使い方」が見つかれば、面白い展開が待っている様な、そんな気がします。

 

少なくとも、そこら辺について研究のしがいはあるんじゃないかな、って思ってます。面倒かもしれないけど。

 

…まとまりのない文章になってしまいましたが、VOCALOID4の使い方によって落ち着いたボカロシーンから変革期に移ろうとしているのではないか?、と僕は考えます。

 

Share Button
One Comment

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)