【殴り書きコラム】2014年のボカロ&DTM界隈を振り返って。

と言う訳で本日は大晦日と言う事もあり、今年1年のボカロ&DTM界隈を振り返ってみようかと。

※あくまでも個人的な観点ですが(ぉぃ)。

 

まずは、一番のニュースはやはりVOCALOID4の発表とリリースでしょうね。

11月に発表会があると言うことで、当初は絶賛開発中だった新型ルカとボーマスの広告でシルエット表示されていたAHS製ボカロのV3化についての話かと思ったら、VOCALOID4の発表とルカ&AHS製ボカロのV4化という、こちらとしては盆と正月が一気に来た感じにびっくりしたと言った状況でした。

その際には結月ゆかりは「結月ゆかり穏」だけが前面に出ていましたがその1ヶ月後の12月20日には「結月ゆかり純」「結月ゆかり凛」と言った合計3種類のDB体制でV4化に臨むことが判明し、個人的にはゆかりファンなので心の中で大歓喜した訳ですが(笑)。

きっと2015年は更なるV4ライブラリが登場するかと思うと、色んな意味で楽しみですね。

 

次に、2014年に出た新しいボカロライブラリでふたつ興味深い形で登場したものがありましたね。

ひとつはクラウドファンディングで支援を集めて制作が決定し、発売された「東北ずん子」。もうひとつは分冊百科雑誌「隔週刊ボカロPになりたい!」の教材として登場し、全て購読した暁にはVOCALOID3 EditorとSinger Song Writer Lite7と共に完全な形としてのライブラリとして入手できるという「Rana」。

勿論他にも「MEIKO V3」「杏音鳥音」「ギャラ子NEO」「kokone」「ガチャッポイドV3」「Chika」等色々なライブラリが登場した年でもありますが、ずん子やRanaの様な方法でボカロが登場すると言った事も来年はくるのでは?と予想したり。

 

あとはhideをVOCALOID技術を使ってよみがえらせたことはかなり大きなニュースだったかと思います。発表があった当時は複雑な想いや嫌悪感をあらわにしたコメントが散見していたのですが、発売直前に公開されたショートPVでの「歌声」は余程耳がない限りVOCALOID技術を使ったとは思えないくらい自然に聴こえ、一転して絶賛するコメントが多く見受けられるようになったことで、VOCALOIDと言うものに対する偏見というのがかなり薄れてきたような、そんな感じがしました。

 

それと、KORGとヤマハとクリプトンのコラボとも言える「MIKU STOMP」の存在も忘れてはいけないですね。ギターを弾くとそれに合わせてミクが歌うというだけでも画期的だというのに、ギターのPUを通じて歌詞データを入れるとギターが初音ミクになると言うのが面白いですよね。

しかも、MIKU STOMPはギターだけではなくベースやシンセに繋げても歌わせることも出来ますから、ボーカル不在でもMIKU STOMPがあれば初音ミクがボーカリストになり得る訳ですしね。

 

KORGと言えば、本来なら今年の9月にARP ODYSSEYが発売になるはずだった訳ですが、何だかんだで来年のNAMM Showでお披露目となりそうで、こちらも楽しみではありますが、ここへ来てベリンガーが$500でARP ODYSSEYクローンを出すかも、と横やりを入れてきたのがちょっと気になります。

 

DTMの方では、CUBASE改めCUBASE Pro 8がリリースしたのも大きなニュースですが、それ以上に大ニュースだったのは一旦は予約販売まで行ったもののペンディングされ、「幻のモバイルDAW」とまで言われたKDJ-ONEが大復活して、12月初旬から開始されたではわずか1週間で目標額を達成したことでしょうか。

一昔前にはヤマハからQYシリーズとしてコンパクトなシーケンサーがヒットしたのですが、このKDJ-ONEはシーケンサー的な昨日は勿論のことシンセサイザーとしても自由な音作りが出来、その上UTAUライブラリを活用させれば歌わせることも出来るのですから、色々な意味で発売予定の2015年夏が楽しみですね。

 

それと忘れてはいけないのはRolandのAIRA シリーズでしょうね。TR-8、TB-3、VT-3、そしてSYSTEM-1と言った往年の名機を最新の技術でエミュレートすることで、最近(個人的にはあまり冴えていなかった)Rolandの底力を見せてくれたなぁ、と感じました。
今のところまだTB-3しか所有していませんが、いずれは他のTR-8、SYSTEM-1も欲しいところです。

 

まぁ、そんな訳で初音ミクの誕生日(実際には7月からプレオープンしましたがw)からボカロとDTMを中心に思ったことを色々と書いてきましたが、来年は更に拍車をかけていきたいと思ってます。

 

2014年は約5ヶ月間の間でしたが、大変お世話になりました。

2015年も「VOCALOID Link」をよろしくお願いします。

 

優海亭笙楽

 

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)