鏡音リン・レンも昨日で7周年と言うことで…。

RinLen2

2007年12月27日は鏡音リン・レンの発売日と言うことで、当時は一足早く(開発中の)鏡音リンの声が聴けると言うことで、田中雄二氏と津田大介氏によるイベントに足を運んだり、横浜の石橋楽器にいの一番に買いに行ったりと色々な思い出があったりする訳ですが、その7年後の昨日、クリプトンのwatさんが鏡音リン・レンV4Xについての状況語りを行っております。

具体的な時期の明言は避けてますが、2015年中には出るとのことで、スタイルとしてはルカV4X同様、日本語はE.V.E.C.搭載で英語DBも対応で、大体1/3強の収録が完了しているとのこと。ただ個人的に心配なのはリン・レンの中の人の下田麻美さんにとって節目の年でもありますので、スムーズに進んでくれれば良いなぁ、と思ったりするのですが…。

リン・レンは「力強さ」がテーマになるようで、元気で明るい上で力強さも加わるのかなぁ、と想像する訳ですが。

ルカV4Xの反響を踏まえて、とのことなのでフィードバックを受け、更にACT1の要素も含めた上で、更なるパワーアップが期待出来そうですね。

そして最後には、下田さんからの激励もあり、

watさんも改めて誓いを立てた、と言った所でしょうか。

来年は色々と大変かと思いますが、鏡音リン・レンV4Xが僕らの手元に届くよう、期待しています!

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)