発売前ではありますが早速VOCALOID4 Editor関連のアップデータがリリースされた模様です。(それとV3用ボカキューも)

V4

VOCALOID™ / ボーカロイド 公式サイト : 新着情報・特集 : 製品情報 : 【VOCALOID4 Editor アップデータ Ver.4.0.1.0 および VOCALOID4 Editor for Cubase アップデータ Ver.4.0.1.0 アップデータリリースのご案内】

VOCALOID4 Editor の最新アップデータ (Ver.4.0.1.0)および
VOCALOID4 Editor for Cubaseの最新アップデータ(Ver.4.0.1.0)を公開いたしました。

という訳で、VOCALOID4 Editor/VOCALOID4 Editor for CUBASEのアップデータが発売前ではありますが、12月15日から公開を始めたようです。

アップデータの内容については以下の通り。

・英語版ユーザーマニュアルを同梱
・クロスシンセシス可能グループに「Lily」を追加
・全般的な安定性の向上

以前、インターネット社の村上社長がLilyのクロスシンセシス(Native/Lily V3)について「発売後のアップデータで対応予定」とTwitterでつぶやいていましたが、実際には発売前にアップデータ対応が行われた形となりましたね。Lily使いの方にとっては待ちぼうけをしなくても済むようになったということで一安心といった所でしょうか。

 

VOCALOID™ / ボーカロイド 公式サイト : 新着情報・特集 : 製品情報 : 【VOCALOID Editor for Cubase アップデータ Ver.1.3.0.0 アップデータリリースのご案内】

また、同じ12月15日からVOCALOID Editor for CUBASEもアップデータが公開され、こちらは、

・Cubase Pro 8 / Cubase Artist 8 対応
・VOCALOID4 形式のVSQX ファイルの読み込みに対応
・全般的な安定性の向上

とあるように今まで公式に非対応とされてきた「Cubase Pro 8/Artist 8の対応」と、VOCALOID3-VOCALOID4との互換性を保つための「VOCALOID4形式のvsqxファイルの読み込み対応」が主だった内容となるようです。

MacでCubase 8とボカキューの組み合わせで使っているユーザーにとっては安心して使えるようになりますし、Windowsでも公式に使えるという事で安心して使えるようになったのが嬉しい所ですね。

 

12月18日辺りからボチボチとVOCALOID4環境で曲作りを行う方が出てくると思われますが、ボカロPの皆様がどの様に活用されるかが非常に楽しみです。

 

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)