iPadカバーにもなるコンパクトBluetooth鍵盤、Miselu「C.24」が本日から先行販売開始だそうです。

c24

iPadカバーが音楽鍵盤に変身する「C.24」、国内先行発売 – ITmedia ニュース

 SoftBank SELECTIONブランドのモバイルアクセサリを提供しているソフトバンクコマース&サービスは12月16日、シリコンバレーに拠点を置くスタートアッ プ企業Miseluと販売代理店契約を結び、Miseluが開発した音楽キーボードに変身するiPadケース「C.24」の国内販売を開始すると発表し た。価格は2万4800円(税込)。本日からオンラインショップのSoftBank SELECTIONで販売されている。

 

以前から、ヤマハのNSX-1(eVocaloidチップ)を搭載したAndroidベースのキーボードを試作したりと「一味違う音楽面白ガジェット」を開発しているメーカー、Miselu(ミセル)のBluetooth鍵盤コントローラー「C.24」が12月16日からSoftBank SELECTIONオンラインショップで500台の先行販売が開始されたそうです。

「C.24」は2013年8月にkickstarterで資金調達を開始したプロジェクトで(現在は目標額を達成し、終了しています)、こちらを通じて入手した(もしくはこれから入手する予定)の方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、ソフトバンクがMiseluと販売代理店契約を結び、晴れて一般販売という流れになった様です。

で、この「C.24」はMIDI信号をBluetoothで鍵盤からiPadに飛ばすことが出来、磁力により鍵盤が浮き上がる仕組みになっており、その上、光センサーによりベロシティを検知することでこの様なコンパクトなサイズの鍵盤では実現することの難しかった強弱を意識した自然な演奏をする事が出来る、という優れもののキーボードで、更に「C.24」を複数個繋げることで、グランドピアノ以上の音域を出すことが出来るそうです。

因みに第2世代~第4世代のiPadを使用していれば、「C.24」がiPadのケースとしても使用することが出来、当該iPadを持っている方にとっては一石二鳥の使い方もできるものとなっています。

 

細かいことについてはリンク先の記事を参照していただくとして、ひとつ残念なのは現在「C.24」が使えるのは今の所iPad, iPhone, Yosemite搭載Macのみとなっており、Android、Windowsには2015年以降の対応のことだそうです。しかしiPadでDTMを楽しんでいる方にとってはなかなか面白いものが登場したのではないでしょうか。

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)