SteinbergからURシリーズの最廉価版I/F、UR12が12月下旬に発売予定ですって!

ur12-1

iPad / Mac / PCに対応し、高品位なハイレゾオーディオ環境を実現 スタインバーグ USBオーディオインターフェース『UR12』 – ニュースリリース – ヤマハ株式会社

 株式会社ヤマハミュージックジャパンは、Steinberg Media Technologies GmbH(注2、以下、スタインバーグ社)とヤマハ株式会社との共同開発によるスタインバーグブランドのUSBオーディオインターフェース『UR12』を 12月下旬に発売します。

『UR12』は、iPad / Mac / PCで動作する24bit/192kHz対応のオーディオインターフェースです。エントリーモデルでありながら、Class-A ディスクリートマイクプリアンプ「D-Pre」を搭載しており、高品位なハイレゾオーディオ環境を実現します。

CUBASE Pro 8/Artist 8や一連のVOCALOID4製品(VOCALOID4 Editor/VOCALOID4 Editor for CUBASE/VY1V4)だけでもかなりのボリュームだというのに、更にSteinberg製の最廉価版オーディオI/Fまで出しますか!

 

という訳で、このSteinberg UR12はSteinbergのオーディオI/FであるURシリーズの最廉価版グレードに相当する製品で入力はマイク用入力とHi-Z専用のギター&ベース用入力の2系統、出力はRCA端子(L-R)とヘッドフォン端子となっておりますが、分解能に関してはその上位機種となるUR22と同じ24bit/192kHzに対応しているということで、ヤマハでは「ハイレゾオーディオ環境を簡単に実現」という触れ込みで売り込む様です。

ur12-2

また、本体の入力端子に入力されているオーディオ信号(マイク、ギターなど)と、コンピューター内で使用中のソフトウェアから再生されているBGMなどのオーディオ信号を本体内で2チャンネルにミックスし、コンピューターを通じてインターネットに配信する「ループバック機能」がついており(これはUR22にはついていません)、動画配信を行っている方には非常に重宝する機能も付いています。

ur12-3

また、Windows/Macintoshの他にもiPadの接続にも正式に対応しており、PCでは勿論のこと、iPadでの音楽制作の戦力にもなるようです(但し、iPadの接続には「Apple iPad Camera Connection Kit」または「Lightning – USBカメラアダプタ」が必要となりますし、外部からの電源も必要となるそうです)。

 

これだけの機能を有しながらも(少なくとも直接のライバルとなり得るFocusrite Scarlett Soloよりも色々と出来る、と言うのがなかなか…)、実売価格は10,800円程度の予定だとか。勿論、これにはDAWとして「CUBASE AI」が付属してきますので、これとVOCALOID4 Editor for CUBASE(こちらにもCUBASE AIがつきますが…)にVY1V4とPCがあれば必要最低限のボカロPセットが完成するかと思います!

※勿論「隔週刊ボカロPになりたい!」の購読(予定)者であれば、これをプラスすればオッケーですね!

 

ボカロPになりたいと思っている小中高生のみんなも、クリスマスプレゼントやお年玉を駆使すればボカロPへの第一歩に近づくね!

まぁ、小中高生でなくても、必要最低限の費用でシステムを組みたい、と思っている方にもこのUR12は向いているかと思いますので、是非ともチェックしてみては如何でしょう?

 

 

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)