ルカV4X裏話:ルカのE.V.E.C.は試行錯誤の結果の賜物。

luka_full

本日もクリプトンのwatさんのツイートで興味深い話題が出ていたのでご紹介。

内容はE.V.E.C.の収録時間についての話で、膨大になってしまったのは試行錯誤の上での結果だったようで、E.V.E.C.のキモとなるVoiceColorの録音時間は今までのボカロDBの約半分の時間で出来るとのこと。

そして、その膨大な試行錯誤の中からE.V.E.C.における収録方法及びスクリプトを元に、リンレンの収録はスムーズに行っているとのこと。

と言うことでコアとなる開発は一段落ついているとのことですが、E.V.E.C.の稼働テストが不足している状態とのことですのでそこから更に問題点の洗い出しなどが出てくるのかなぁ、と言ったところでしょうか。

個人的な要望としてはV4に向けてCVシリーズにあと1,2人の新規ボカロが登場すると嬉しいかなぁ、と言うのがあって、特にCV-C4βをリファインしたものやwatさんのTwitterプロフィールにある「新規男性ボカロ」辺りが絡んでくるといいなぁ、なんて思っております。

 

まずはルカV4XとリンレンV4Xが先決ではありますが。

 

 

Share Button
One Comment

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)