【速報】グロウル等の高度な合成機能を盛り込んだ次世代VOCALOID、「VOCALOID4」を発表!

V4

ICON » ヤマハ、グロウルやクロスシンセシスといった高度な合成機能を盛り込んだ次世代のVOCALOID、「VOCALOID4」を発表! 開発者の剣持秀紀氏に訊く、「VOCALOID4」の新機能

VOCALOID3のデビューから約3年。ヤマハは本日、次世代のVOCALOIDとなる「VOCALOID4」を発表しました。2014年12月下旬に 「VOCALOID4 Editor」、「VOCALOID4 Editor for Cubase」、そして「VOCALOID4」対応の初の歌声ライブラリ「VY1V4」が販売開始されます。

という訳で、PowerFXの中の人がVOCALOID4の存在を匂わせていた発言を過去にしていたわけですが、まだ、クリプトンのCVシリーズのV3化が出切っていないのにもうVOCALOID4ですか!

で、その肝心のVOCALOID4の機能としては、

● 1:グロウル機能

喉を激しく震わせた“唸る”ような歌唱表現が得られる機能です。唸り具合は、歌声パラメーターに新たに追加された “グロウル(GWL)”で調整可能。この機能は、歌声ライブラリごとに用意されたグロウル波形を合成することで実現しているため、「VOCALOID4」 対応の歌声ライブラリでのみ使用できます(現時点では「VY1V4」のみ)。

● 2:クロスシンセシス機能

これは待望の機能と言えるのではないでしょうか。「VOCALOID4」では、2種類の歌声ライブラリをブレンド して、歌声ライブラリ間で自由に音色をコントロールすることができるようになりました。この機能を使用するには、シンガーエディターでプライマリシンガー (ベースとなる歌声ライブラリ)とセカンダリシンガー(合成する歌声ライブラリ)を選択し、2種類の歌声ライブラリが登録されたシンガーを作成。そしてこ のシンガーを使用すると、歌声パラメーターに新たに追加された“クロスシンセシス(XSY)”を使って、プライマリシンガーとセカンダリシンガーを自在に ブレンドできるようになります。例えば、ソフト系の歌声ライブラリをプライマリシンガーに、ハード系の歌声ライブラリをセカンダリシンガーに登録すれば、 徐々に激しい歌声にするという表現が可能に。また、このクロスシンセシス機能は、VOCALOID3対応の歌声ライブラリでも使用できるとのことです(同 一のシンガーで、同一の言語のときのみ使用できる機能とのこと。例えば、プライマリシンガーにVY1、セカンダリシンガーに初音ミクというシンガーの作成 はできないとのことです)。

● 3:ピッチレンダリング機能

VOCALOID Editorのツールバーに新たに用意された“ピッチレンダリング”ボタンをクリックすることで、ピアノ・ロールの各ノートの上に、合成されるピッチの カーブを表示できるようになりました。これによりピッチやビブラートのかかり具合をひと目で確認することが可能になります。

● 4:ピッチスナップモード

VOCALOIDでは合成エンジンが自動的にピッチ・エクスプレッションを付加しますが、新たに搭載されたピッチ スナップモードを使用すれば、選択した部分のピッチ・エクスプレッションが取り除かれ、音程を瞬時にフラットにすることが可能に。これによりロボット・ボ イスを簡単に作り出せるようになりました。

という事で、新型ルカ(注:現在はまだ新型ルカの発表前に書いています)とはまた違った感じになるのでしょうか。

因みにグロウル機能以外はVOCALOID3ライブラリでも使用可能だそうです。

また、ボカキューもこの様に機能が追加されるそうで。

● 1:MIDIデバイスからのリアルタイム入力が可能に

MIDIキーボードなどの外部MIDIデバイスを使って、VOCALOIDのシーケンス・データをリアルタイムに 入力することが可能になります。発音する音声は、プリファレンスの“リアルタイム入力発音”プルダウン・メニューで設定でき、日本語の歌声ライブラリの場 合はア行とラ行の中から選択することができます。

● 2:Steinberg Cubase AI 7が同梱

新たにSteinberg Cubase AI 7が同梱されるようになり、これによって「VOCALOID4 Editor for Cubase」と歌声ライブラリを購入するだけで、基本的な音楽制作環境(ボカロ曲制作環境)が整うようになります。

とすると、実質これだけで簡単な音楽制作が出来るようになる、ということになりそうですね。

手始めにボカロ曲を作りたい人には適した感じではないでしょうか。

そして、最初のVOCALOID4ライブラリ「VY1V4」についても、以下の通りとなっています。

● 1:VY1V3をベースに、よりスタンダードな女性声を目指して開発

「VY1V4」は、VY1V3をベースに、より“スタンダードな女性声”を目指して開発されたとのこと。クリアな滑舌、力強く伸びのあるロング・トーン、スムーズな発声が特徴とのことです。

● 2:「VOCALOID4」の新機能に対応。4種類の歌声ライブラリを同梱

グロウルとクロスシンセシスという「VOCALOID4」の新機能に対応。“Normal”、“Soft”、“Power”、“Natural”という4種類の歌声ライブラリが同梱されているとのことです。

● 3:坂本ヒトメ氏の手によるパッケージ・イラスト

人気イラストレーター、坂本ヒトメ氏の手による新しいパッケージ・イラストが採用されているとのことです。

という事は、遂にVY1V4でキャラクター化されるということですね!これは楽しみです。

という訳で、発売日はどれも12月下旬で、VOCALOID3 Editor、VOCALOID3 Editor SE、VOCALOID Editor for Cubase、VOCALOID Editor for Cubase NEOのユーザーは、VOCALOID STOREで「VOCALOID4 Editor」あるいは「VOCALOID4 Editor for Cubase」を5,400円(税込)でアップグレードできるとのことなので、とりあえず出たらアップグレードしなきゃ、と言った所でしょうか。

12月に向けて、wktkしてきたぞぉ!

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)