SC-88pro相当のGS音源がiOSで再現だって!?

sc4ios1

楽器フェアで参考出品!RolandがSound Canvasを復刻だ! : 藤本健の“DTMステーション”

40代前後の方だと、90年代「ハチプロ」とも呼ばれたRolandのMIDI音源モジュールの最高峰、SC-88Proに青春を捧げた……な んていう方も少なくないのではないでしょうか?そのSC-88Proを代表とするSound CanvasをRoland自らの手によって復刻されることになりました。

 

実際の発売時期や価格についてはまだ未定とのことではありますが11月21日~23日の3日間、東京ビックサイトで行われる楽器フェアのRolandブースで参考出品されます。

(中略)

RolandはAIRAシリーズによってTR-808やTR-909、TB-303、SH-101、SH-2……といったビンテージ音源の復刻を行ってき たわけですが、今度はアナログ音源ではなくDTM音源の代表選手、SC-88Proを中心としたSound Canvasの復刻です。

11/21から23までの楽器フェアにおいてボカロPがメーカーのスタッフとして参加したり、YMOのワールドツアー当時の機材が閲覧&それにまつわるトークショーがあったりとか色々と楽しそうなイベントが目白押しとなっている様ですが、開催直前になって、「藤本健の”DTMステーション”」様や「ICON」様に島村楽器の「digiland」において、Rolandブースに参考出品の段階でありながらも「え!!!!?」と驚くようなiOSアプリが登場とのことで、往年のDTMerを始めとした方々が色めき立っております。

そりゃそうでしょう。今から18年前(1996年)に発売され、長い間ヒットしたDTM音源でかつ、今でも中古市場では人気のあるSound Canvas SC-88ProがiOSアプリ(iPadだけでなく、iPhoneでも動作するんですよ!)として登場するのですから。

 

sc4ios2

画面はこんな感じみたいです。

 

こういったソフト音源は過去にもRolandは「VSC」シリーズを出していたわけですが、当時のPCのスペックやDAWの事情を考えると、お世辞にもV(Virtual)の域を出ていなかった感がありましたが、iOS版Sound Camvasは仕様上16ch分しか使えませんが(でも、iOS端末を2台使えばSC-88Pro同等になる!?w)、音源自体はSC-88Pro波形データそのものを使いつつも、それ以外は最新の技術を使っているということもあり、当時の音以上にいい音に仕上がっているとのこと。その上、SC-88Proの音以外にもSC-8820/8850の音も収録されており、1117音色+αで1600音色が収録されているそうです。そして、このSound CamvasはiOSの音源としてだけでなく、MIDIやWi-Fi接続でPCの外部音源としても利用できるそうなので、どれくらいの価格で提供されるのかは判りませんが、iOS端末さえあればいつでもどこでも持ち歩ける音源として使えるのはかなりいいですね。

 

僕のようにネットの情報からしか確認できない立場では今の所その凄さを感じることは出来ないのですが、早くて11/21~23の楽器フェアでチェックできるので、是非とも目の当たりにしてみたいものです。

 

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)