hide「子 ギャル」にまつわるヤマハボカロチームとI.N.A.氏のロングインタビューが公開中です。

hide

奇跡の新曲リリース!hide生誕50周年アルバム「子 ギャル」特設サイト

VOCALOID技術によって、不可能と思われていた未発表曲「子 ギャル」がよみがえる…。

そんな奇跡的なプロジェクトを支えたヤマハのボーカロイドチーム(木村義一氏と馬場修三氏)、そしてhideのサウンドを支え、今回の「子 ギャル」でもサウンドを作り上げたI.N.A.氏によるロングインタビューが公開されております。

内容としては主にVOCALOID技術を使ってhideのボーカルをよみがえらせるにあたっての苦労話がメインとなる訳ですが、それだけではなく、サウンド面でのI.N.A.氏の話など最初から最後まで、どこを(引用文として)ピックアップしようか迷うくらいに内容の濃いインタビューとなっております。

――既存のヴォーカル・トラックの数自体が限られているうえに、hideさんの場合、曲によって歌い方が様々だし、発声の仕方がフラットではない。結局、その音素を揃えること自体がとても困難だったわけですね。
馬場:そういうことですね。それさえ揃えばどうにかなるにはなるんですが、もうひとつ実は問題がありまして。ボーカロイドって、ピッチの伴った音素材を合 成すると、それがフラットになって出てきてしまうんです。だから元々持っているピッチ感とかトーンの変化をそのまま反映させるには、ちょっと普段のボーカ ロイドとは違ったイレギュラーなやり方をしないと、なかなか再現できないという部分があって。今回のhideさんのものに関しては、普段、僕らが作業して いる通常のボーカロイドのライブラリを作る作業とはまったく違った、かなり特殊なアプローチでやらなければならなかった。その目的というのが、やはりとに かくhideさんらしさというのをいかに出すかというところにあったので。

――ある意味、通常のボーカロイドというのは人格が伴わなくてもいいものであるはずですよね? ところが今回の場合は、声に人格が必要だった。素材が揃っ てメロディに沿ったものができても、それだけではhideさん特有の癖や匂いのようなものが感じられるものにはならないわけですよね?
馬場:はい。歌いまわしのような部分というのも再現しないとならなくなってきますんで。そこで、本来は必要な音素というのが100%、ご本人の声から採れ れば良かったんですけど、それがどうしても叶わなかったので、不足している部分については別の方法で埋めていくということにトライしたんです。
木村:実はまだ発表していない技術で、植木等さんのプロジェクトでも使ったものがありまして。本当は必要な音素がすべて揃えばスムーズに繋がるんですが、 間に不足しているものがある場合は、その不足しているものを解析して埋めるという技術があるんですね。それを駆使して必要な音を埋めていくというか。そう いうことも今回しているんです。

――たとえば背骨を再生しようとするときに足りないものがあれば、そこを繋ぐべき骨の形を想像しながら新たなピースを作って当て嵌めていくことになる。そういった作業だと捉えればいいんでしょうか?
木村:それにかなり近いです。「これとこれの繋ぎ目だから、おそらくこういう音になるだろう」というのを解析し、予測して、それを音に変換していくというか。そういう未公開の技術があるんです。

――それを使うべき必要と価値のあるプロジェクトだと判断された、ということですね?
木村:そうです。そこまでしないとhideさんの歌声は再現できないし、我々としてもなんとか再現したいと思ったわけです。

通常のVOCALOIDだと、いわゆる調声などで自分の思い通りに歌わせる、と言うのが醍醐味であるわけですが、hideと言い、hideの前に取り組まれていた「植木ロイド」のように「(生前の)その人らしさ」があらかじめ存在しているものについて、極力再現することは非常に難しかったと思います。特にhideのようなカリスマ的な人気が今でも存在している人間であれば尚更苦労されたんじゃないかなぁ、と思います。

しかし、それをスタッフの誰もが認める位のレベルまでに作り上げ、そして「サイボーグ・ロック」としてI.N.A.氏が特徴的なサウンドに仕上げた訳ですから、その完成形がどんなものかが今から非常に楽しみだったりします。

 

まぁ、実際問題楽しみにしている方もいれば、複雑な気持ちを持っている方も、拒否反応を示している方もいろいろな想いが存在している訳ですが、僕自身は曲を聴いてから判断したいと思います。

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)